• 13 / 495 ページ

挿絵 300*180

 
 最近は、クラスの大半が携帯持ってる。「イザ」という時のためだ。
 スマホを持ってる子もけっこういる。

 スマホはタダでできるゲームも多いので正直うらやましかった。
 だからオレも何度かは交渉した。「イザ」という時のため。


『かあさ〜ん、久保田も携帯持ってるんだぜ?iPhone買ってよ』
 母さんの答えは決まってる。
『じゃ、サンタさんにDS返しなさい』
『う‥‥‥‥‥!』


 いいんだ。オレだけは、イザとなったらゼルダやってるからいいんだ。

「なにブツブツ言ってるの?」
「いえ‥‥‥‥」

 美咲先生が言うには、クラスのあからさまな「久保田はずし」は5年生になってから。
 メールで『イジメ通信』みたいなのが出回ってるらしい。
 発信元は中学生で、従わないと自分がイジめられるから、みんな従う。

 DSで『動物の森』に住んでたオレには、回って来なかっただけ。

「でも、真琴くん、パソコンはできたんじゃなくって?」
「え?ええ。まぁ〜、それほどでも〜。ヘヘヘ」
「ホメたんじゃなく、聞いてるの」
 あれ?
「ええ。でも‥‥‥‥‥」
 オレがパソコン始めたのもメールのためだったけど。みんながやってるメールとパソコンのメールはちとちがう。
 いや、基本は同じだけど、みんなはちがうと思ってる。

 だからみんなの『イジメ通信』は、まわって来ない。
 回って来るのは『動物の森』のタヌキからの請求書だけ。

「じゃ、今日のことは、それとは関係ないのね?」
「関係ありません。あれは久保田が‥‥‥‥」
 

更新日:2014-02-08 10:16:53

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook