• 6 / 89 ページ

ホントノコト




この世界がさ、

薄い紙だったら


太陽の光に透かして

何がほんとで
何が間違ってるのか分かりやすいのにね。


大人になっても
何がほんとのことかなんて
分かんないんでしょ。



どうすればいいんだろう。

人間が、

事実が、

偽りと嘘が
ぐちゃぐちゃに混ざったこの世界だからさ



どうしようもないことだってあるよね。



だけどさ、“これだけは”って

譲れないこともあるわけ。


それなのにそれが
ほんとなのかそうでないのか

見極められないのが今の世界。




だからさ、やっぱり


この世界が薄い紙だったらいいのに

って思うの。



そしたらさ、

いつも頭上(そこ)にある

太陽の光に透かして



ほんとのことがわかるでしょ。


更新日:2013-10-10 20:40:13

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook