• 44 / 621 ページ

第2部長編ー犬夜叉:忘れ去られた絆ー

「有り得ねぇ…こんな事ッ!?」
コイツが殺生丸の筈がねぇっ!!

ー犬夜叉:忘れ去られた絆ー序章
題名:失った兄

何でこんな事になっちまったんだよっ。
有り得ないし可笑しいし変だろうがっ。
何で誰もがさも当然みてぇに受け入れてんだよッ!!何で泣いてんだよッ!!
何で黙ってんだよ答えろよッ!!って、俺は何で言えねぇんだよッ…。
「ほらよ犬夜叉コイツが遺骨だ埋葬すんの手伝え」「…嫌だッ」
「犬夜叉様せめて貴方様の手で供養する事が殺生丸様の為に「ふざけんな!!」
何かの冗談でこんな事が事実の訳がねぇんだ。
「供養?埋葬?何言ってんだよあいつが…殺生丸が死ぬ訳ねぇだろ!」
「いい加減に受け入れなさい犬夜叉。お前にとっては受け入れ難くとも目の前で先程お前も見ただろう?殺生丸を火葬して供養した所を」
「覚えてねぇっ…あんなの偽物に決まって「此見てもんな事言えるのかよ?」
刀々斎が手にしていたそれは爆砕牙と天生牙。
それは正しく殺生丸しか持てれない武器であり、
使い手足る殺生丸が手にしていない時点でこの世に彼がいない事を示す、
残酷な証でもあった。
「嘘だ…嘘だ嘘だ嘘だ…嘘だぁあああーーッ!!!!」
殺生丸が死んだ?
そんな話…誰が信じるかよッ!!


ー犬夜叉:忘れ去られた絆ー序章ーtobecontinueー

更新日:2014-02-13 23:38:36