• 111 / 621 ページ
幻想的な美しさ漂う清浄なる泉にて眠る殺生丸の姿は、
まるで生き物と異なる者の様に感じる。

ー犬夜叉:絡繰名劇舞と神隠しー
題名:新たなる歩み

白神木の樹木に絡められ眠る殺生丸の体は身動ぎ一つ無く眠り続けている。
白神は泉の辺にて彼を見詰めていた。その彼の後ろに犬夜叉が歩み寄る。
「へぇこの泉は朝になってもあんまり変わんないんだな」「…犬夜叉か」
白神は犬夜叉の姿を確認すると再び泉を見詰めながら話した。
「…此処の泉や森の有様は全て白神木の影響に寄る物だ白神木の樹木の葉が粉雪の様に散るが白神木は性質上滅びる事が無い故に長き年月を裂いて今の有様になったのだ…また夜光虫もこの白神木の影響を受けている為この泉でしか生きられぬ」「…そんなに長い間生きてんのかよこの白い木はよ?」
「白神木は寿命約2000年と聞いた事がある太古からある決して滅びぬ霊木らしい、私がこの霊木を知ったのは約53年前だからまだ浅い方か」
「2000年って…随分長生きしてる木だなそりゃ有難いこって」
「この白神木の性質と私の性質は似ている…それに私は殺生丸の魄を一度奪った為彼の体の有様も手に取る様に分かる…彼に万一何か遭ったら私が必ずお前に報せる…だからお前は安心して帰れ犬夜叉」
「…前から思ってたけどよお前って結構良い奴だよな白神」
「いきなり何だ?」「ありがとなお前がいてくれて助かったぜっ」
「………お互い様だ私こそ貴様等がいたから今に至るのだからな」
(…やはり気のせいではない、犬夜叉は立ち直ったのか?それとも…)
「…犬夜叉私は先に集落に戻るお前も事が済んだら戻り帰ると良い」
白神は犬夜叉が話し掛ける前にふわりと姿が消えいなくなってしまった。
「何かあいつ本当殺生丸と似てんだよな…消え方とかまでそっくりだぜ」
犬夜叉は殺生丸を確認する。まるで昏睡状態だ。
「…なぁ殺生丸、俺決めたからなお前は俺と別れるって答えたけど俺やっぱ頭悪いからよ…納得出来ねぇんだてめぇが何と言おうが…俺はまたてめぇと一緒に過ごしてぇ…だから、ずっと待ってるからな殺生丸…」
犬夜叉はそれだけを言うとくるりと後ろを向いて引き返そうとした。
その時強い風が犬夜叉の歩みを止めた。強風で犬夜叉が立ち往生していたら
(犬夜叉…)「…え?殺生丸っ⁉︎」
気のせいか風に運ばれて聞こえた兄の声の幻聴に犬夜叉は殺生丸を見るが、
殺生丸の姿は以前変わらず眠りに付いた態勢のままだった。
「……気のせい…だったのか?…殺生丸、また来るからな」
だから早く元気になれよ…
犬夜叉は今度こそ歩き始めた。だから犬夜叉は知らない。
歩き始めた弟の後ろ姿で一雫だけ零れた兄の涙を…

集落にて。
「それじゃ皆さんお体には気を付けて下さいね」
「本当に色々と有難う貴方達また集落に立ち寄って頂戴ね」
「私達は何時でも貴方達を歓迎していますからね」「有難う皆さん」
白神も現れて犬夜叉の姿を見送る。
「それじゃ白神、殺生丸を頼んだぜ」「あぁ任せろ犬夜叉…」
「琥珀君も妖怪退治頑張ってね玉には村にもまた来てね」
「はい皆さんも気をつけてっ!」「よし、帰るぜっ!」
八兵衛に乗り上空高らかに舞い上がる犬夜叉達の姿は一瞬で見えなくなる。
「不思議な人達だったけど、良い人達だったわね」「あれ?何だろ?」
小百合が上空を見上げているとふと何かの集団の群れを確認した。
「あれは、まさか…」「…帰って来てくれたんじゃなぁ」


上空にて飛ぶ八兵衛も集団の群れを確認した。
「弥勒の旦那あれ何でしょうかね?こっちに向かってきやしたぜ?」
「あれは…白鷺の鳥の群れですねこの時期に来る何て珍しいですねぇ」
犬夜叉は白鷺の群れを見て驚いた。
『かつて絡繰の森は昔は白鷺の森と呼ばれる程白鷺の群れが来る事で有名で時期になると良く白鷺が群れを成して森に来たのだ』
「…そっか、お前達やっと居場所に帰れて良かったな」「犬夜叉?」
「…白鷺は泉で休憩するんだとよ、なら殺生丸五月蝿くて目覚ますかもな」
「それはそれは殺生丸も大変ですね」「綺麗ね犬夜叉…」「そうだな」
白鷺の群れの中を飛びながら犬夜叉は白鷺の森を後にする。
こうして犬夜叉の今回の旅は終る。
だがそれはまた新たなる歩みを始める為の旅でしかなかった。


そして新たなる歩みのきっかけはもう始まろうとしていた。
時を過ぎてある廃墟の社にて二人の姉妹がその場にいた。
かつて犬夜叉達兄弟の前に立ちはだかった恐るべき冥府の力を操る冥族の生き残り、紅姫と葵氷である。二人は今ある異変を感じて廃墟の社に着たのだ
「葵氷姉様この社から感じる冷たく異様な邪気は何なの?」
「どうやら厄介な事態が起きる様ですね…」
新たなる歩みが今始まる。

ー犬夜叉:絡繰名劇舞と神隠しー
ー題名:新たなる歩みー完結ー

更新日:2014-04-17 02:37:22

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook