• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 3 / 38 ページ

ほろほろホロンの大冒険 に

「こっ、この作者さん、ホロンの小説のこと、けなしてますっ!」

ホロン嬢は、びっくりして目を丸くした。

ホロン嬢の書いている小説は「マジカルわんこ」という冒険もので、ちょうど十ページまで書いたところだった。

そのなかに、「わんこは、白いのが一番カワイイですっ♡」と書いたのだが、その作者の小説には「犬は、黒いダックスフンドがベスト」と書いてあったのだ。

「わわわわわ…。こんなの、個人攻撃ですっ。許せません!わんこは、白いのが最高なのに、ホロンの意見に反対するなんて…」

ホロン嬢は、怒り狂った。

「むむぅ~っ!ホロン怒りましたです。何も悪いことしてないホロンの小説にダメだしするなんて、許せませんですっ!これは、犯罪ですっ!」

「どうしよう、どうしよう。どうしたら、この作者さんに、反省してもらえるのかな…。そうだっ!」

ホロン嬢は、はたと気付いた。

「天誅すれば、いいんです♪」

ホロン嬢は、今泣いたカラスがもう笑ったとばかりに、その作家の感想欄を開いた。


ホロン嬢が書きこんだ感想は、こうだった。

― この、ズルがしこい女狐め!

一応、性別も隠したほうが安全かと思い、ホロン嬢は男言葉で書くことにしたのだ。

感想投稿者名は、「gogouser」にした。

「だって、『ベストセラー作家GO!GO!GO!』のユーザなんだから、これでいいですよねっ?」

ホロン嬢は、続けた。

― てめえの意見なんか、誰も聞いてねえんだよっ!

― 犬は、白って決まってんのが、わかんねぇのかよ!

― 人の小説を誹謗中傷するような奴が、まともな小説書けるわけ、ねえだろ?

― ほらみろ、誰も読んでねえじゃ…。

「…この人の小説、五十三人も読んでます…」

ホロン嬢は、しばし呆然としていたが、すぐに気を取り直した。

「わかりましたです!みんなに、この作家さんの小説は良くないことを、教えてあげればいいんですっ。それが、ホロンの使命です」

ホロン嬢は、さらにレビューもしに行き、迷うことなく★をゼロに設定した。

そして、「サイテーの作者だ!」とレビュー文を書きこんだ。

更新日:2013-04-28 15:31:17