• 20 / 28 ページ

探検


「・・・行くか。」

『おう!!』



風がごうごう吹き荒れる中
崖っぷちに立つ二人。

『いやいや、可笑しいだろ、この状況!!!』

「なぜだ?」

『下海ですけど!!?しかも血霧の里なんですけど!!?』

「安心しろ。近くに小国がある。そちらに寄る。」


『いやいやここ海だろ!どうすれば・・・』



ガシイ




『うん?』

「こうするのさ。」




ダッッ・・・!!!



私の脳裏に走灯馬のように記憶が甦る。

近づいている荒れた海。



あの里に居るであろう奴を思い出す。




オワタ\(^o^)/





『いやアアアア・・・・!!!!!!!!!!!』




100年ちょい振りに会うなー

元気かしらん(正気飛んでる)

更新日:2013-05-31 22:01:53

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

NARUTO(ナルト) ― うちは一族の辿る道は・・・ ―