• 22 / 27 ページ

ありがとう


あたしが入院してから一週間がたったある日~


先生「はやくっ!!!!!」

朱莉「どうしたんですか??」

先生「あっ、朱莉ちゃん。」

朱莉「せんせ??」

先生「大輔くんの様子がね…」

えっ!?

するとすごく青ざめていて呼吸も全然していなかった。

先生「早くっ!!!!!」


先生達の早い作業で何とか大輔くんは一命をとりとめた。

でもその時、あたしはこの前先生に言われたことを思い出した。

『一命は取り留めましたが、目をさますことは0に近いです。』

でも、0に近いだけ。大輔くんは目覚めるかもしれない。


なら、



















あたしは、あたしに出来ることをしよう。



















更新日:2013-03-20 20:27:09

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook