• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 15 / 342 ページ

6章 信也のマンション (その1)

川口信也(かわぐちしんや)は、大学卒業後、
山梨に帰ったものの、同じ商学部の友人、
森川純(もりかわじゅん)の父親の経営する株式会社モリカワの、
ライブハウスの経営を、東京を初めとして、
全国展開するという話に乗って、
森川純たちと仕事をすることに決めた。

そして、この2012年の10月から、東京の下北沢の町にある、
マンションを借りて暮らし始めた。

2DKのマンションを、ひと月13万円の賃料(ちんりょう)で借(か)りた。

東京の相場(そうば)では、部屋が2つとダイニングとキッチンの、
2DKは、アパートならば、10万円くらいと、
マンションよりは、3万円ほど安(やす)かった。

信也は、その3万円の差に、ちょっと迷ったのだが、
学生のときはアパートだったことや、
株式会社モリカワでの初任給は26万円で、
課長という役職手当(てあて)が3万円なので、
合計29万円になることもあって、
「余裕じゃん」と、マンションに決めた。

山梨に戻って、勤めた会社の信也の初任給は20万円だった。
川口信也の田舎(いなか)の、山梨県では、
2DKのマンションが、5万から6万円くらいで借りられるのだから、
今借りているマンションの13万円という、
その差には、信也もちょっと驚(おどろ)いた。

しかし、いまの給料は29万円、山梨のときは20万円なのだから、
住居費を差(さ)し引(ひ)くと、手もとに残る金額は、
どちらも、15万円くらいになるわけで、
信也は、「なんなのだ、これは?」と、
そんな変なところに、妙に、感心したり、
苦笑いをしたり、納得したりしていた。

株式会社モリカワでは、森川純の父親の、
社長の森川誠(まこと)と、森川誠の弟である、
副社長の森川学(まなぶ)の、
強い推挙(すいきょ)で、
早瀬田大学の商学部を卒業して入社したばかりの、
バンド・サークルのMFC(ミュージック・ファン・クラブ)の、
ロックバンドのクラッシュ・ビート(Crash Beat)のメンバー、
森川純や川口信也、
高田翔太(たかだしょうた)、岡林明(おかばやしあきら)の4人が、
課長職についた。

そのような新たな経営体制で、
ライブハウスの、東京での展開、次に全国展開という、
壮大なプロジェクト(計画事業)を
開始することになったのであった。

現在、居酒屋や喫茶店などの外食事業も幅広く開始している、
正社員だけでも300名を超えている株式会社モリカワでは、
この4人の若者の大抜擢(だいばってき)が話題になった。

おおよそ、この人選は、「あの目標やスケールの大きい、
社長たちのやることだから」と、
社員たちには好意的に受け入れられた。

下北沢で、洋菓子(スイーツ)やパンを売る小さな店だった、
株式会社モリカワの、この10年間ほどの急成長や、
斬新(ざんしん)な経営は、
しばしば、雑誌などのマスコミでも取り上げられるほどだった。

社長や副社長は、一種、カリスマ的な雰囲気の存在感であった。


川口信也のマンションの玄関のチャイムがゆっくりと1度だけ鳴(な)る。

テレビ・ドアホンの広角ワイドな、
カラーの大型・モニター画面には、
清原美樹(きよはらみき)と小川真央(おがわまお)の、
映(うつ)っていて、笑い声が聞こえる。

いまさっき、鏡を見て、あわてて、髪の寝癖(ねぐせ)を、
水をかけて直(なお)したばかりの、
信也は、「よお、よくきてくれました」と、意識した明るい声で、
玄関のドアを、丁寧(ていねい)に開(あ)けた。

≪つづく≫ 

更新日:2013-03-01 20:46:32