• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 13 / 359 ページ

5章 親友

10月21日の日曜日の午前10時であった。
このところ、台風の影響で雨も多かったが、
吹く風も気持ちよく、空は晴れわたっていた。

清原美樹(きよはらみき)は、
仲のいい小川真央(おがわまお)と、
京王電鉄の下北沢駅の次(つぎ)、
池の上駅(いけのうええき)の、
出入口(でいりぐち)すぐ近くにある
スリーコン・カフェで待ち合わせをしている。

真央は、美樹と同じ早瀬田大学の2年生である。
教師の本採用は、むずかしい世の中であったが、
それでも、とりあえず、
ふたりは教員免許を取得するための勉学をしていた。
 
「美樹ちゃん、元気?待たせちゃったかな?」

「うん、ぜんぜん、待ってないよ。わたしも、さっき来たばかり」

ふたりは、ほほえんだ。

店内にはピアノのクラシック曲が流れている。
お手拭(てふ)きや、評判のいいおいしいコーヒーは、
トレーで、自分で、席まで運(はこ)ぶ。

店の前には、オレンジやイエローの花の咲く花壇もある。
店の間口(まぐち)は狭(せま)いが、奥に深く、
手前は禁煙席と、その奥は、
ガラス窓で仕切られた喫煙席となっている。
どちらにも15席くらいがあった。
ふたりは、入り口付近の禁煙席のテーブルについた。

「もう、美樹は・・・。信也(しんや)さんのマンションに行ってあげるなら、
わたしなんか、お邪魔虫(じゃまむし)だと思うけどなぁ」

「真央(まお)、そんなことないわよ。だって、信(しん)ちゃんのマンションに、
ひとりで行くのって、まだ、なんか、勇気がいるんだもん」

「あぁぁ、美樹ちゃんの、そういうところが、わたしには理解できないところかも。
わたしだったら、さっさと、ウキウキ、ドキドキしながら、
しんちゃんのマンションに行っちゃうわよ。
まあ、美樹らしいっていえば、らしいけど」

「わたしだって、ひとりで、マンションへ行くときがあるわよ。
これからは・・・。きょうは初日だから・・・」

「なにごとにも、慎重(しんちょう)な、美樹ちゃんの考え方を、
見習(みなら)うこともよくある、わたしだけどね。
男って、どうも、移(うつ)り気(ぎ)だし、
熱(ねっ)しやすく冷(さ)めやすいところも、多々(たた)あるわよね。
わたしたちは、そんな男性を相手にするんだから、
美樹ちゃんくらいの、スローペースが、ちょうどいいのかもしれないわ」

「うんうん、わかってくれる、真央。
経験豊富な真央にそういわれると、わたしも元気も出てくるわ」

ふたりは声を出して、少女のようにわらった。

更新日:2013-03-01 20:41:24