• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 8 ページ

【茶番を眺めつつ──】

千歳丸の鉈が空を切り、掠った小枝をスパンと切り落とす。小天狗は一枚歯の高下駄をカタカタ鳴らし、恐ろしく身軽な動作で彼に茶々を入れては距離を取る。一進一退の攻防──いや、小天狗の一方的な戯れだ。
「こう見ていると、封じられねばならないほどの、悪い天狗には見えないのですが」
 愉快にじゃれ合うような二人の様子をのんびり眺めつつ、しかし一人忘れ去られたような孤独感をも覚え、こゆずは溜め息交じりその場へしゃがみ込んだ。
 小天狗の動きを止めなければ、封印の術は行えないからだ。千歳丸が小天狗を捕縛するまで待たねばならない。
「こなくそっ!」
「遅い遅い! 止まって見えるぞ、愚図が」
 千歳丸に向かって尻を叩いて見せ、小天狗はケラケラ笑いながら木の上に飛び上がる。
「俺を……」
 千歳丸は鉈を大きく振り被った。
「ナメンんなァー!!」
 鉈を大降りして、小天狗のいる木の幹へと刃を食い込ませる。その勢いを殺さぬまま、千歳丸が大地を蹴った。
「よっ、はっ! うりゃっ!」
 食い込ませた鉈を足場にし、千歳丸は自分の身の丈以上もある木へ、まるで重力を無視したかのように、大股で駆け上がった。実際には鉈と幹を蹴った反動で体を持ち上げたのだ。それでも並みの身体能力では不可能な行動だ。
「お? おう?」
「クソガキ! おとなしく捕まりやがれ!」
 千歳丸は並外れた平衡感覚で細い枝を這い伝い、小天狗との距離を一気に縮める。勢いよく伸ばした彼の手は、小天狗の羽織る被布をあと一寸の所で捕まえ損ねた。
「おお、危ない危ない。小僧、意外とやりおるのぉ」
 小天狗は背中の羽根をパタパタと羽ばたかせて、木の枝から舞い降りる。
「下に逃げると思ったぜ!」
「なぬ?」
 千歳丸は幹を蹴り、勢いよく枝から飛び降りる。そのまま小天狗の細い腕を捕まえた。
「よっしゃ! とっ捕まえたぜ、クソガキ!」
 小天狗は腕を掴まれつつも、ニタリと嫌味な笑みを浮かべる。そのまま自由な方の腕をゆっくりと背に回し──。
「ぐあっ!」
 千歳丸の視界がぐるりと反転し、受け身すら取れずに地面に叩き付けられ、彼は体を丸めて大きく咳き込んだ。
「神通力!?」
「ほっほっほ。前に前に突き進む事しか知らんとは、まだまだ青いのぅ、小僧めが」
 小天狗は手にした楓のうちわで自身を扇いで涼んでいる。こゆずは腰を浮かし、細い眉を寄せて口を開いた。
「千歳丸さん。今のは天狗の神通力です。力技だけではこの子を捕まえられませんよ」
「……はぁ!? ンなモン聞いてねぇぞ!」
「申しておりませんでしたから」
「言えよ、最初に!」
 こゆずはぷっと頬を膨らませる。
「わ、わたしだって本物の天狗を見るのは初めてなんです! それにこんな小さな子が神通力を使うと思っていませんでした!」
 小さな自尊心から、こゆずは拗ねるように反論する。
「小娘。オヌシも儂を見くびっておるようじゃな。どれ、少々遊んでやるわい」
 小天狗は楓のうちわを大きく仰いだ。
「きゃっ!」
 生きているかのようにうねるつむじ風に足元を掬われ、こゆずは尻餅を着く。小天狗が更にうちわを動かすと、こゆずの朱色の袴が捲れ上がり、白い膝があられもなく剥き出しになった。
「はわわっ!」
 こゆずは真っ赤になって、慌てて袴の裾を押さえる。
「ひゃははっ! 年頃の娘がみっともないのぅ! ほれ、小僧も見てみぃ」
 小天狗が腹を抱えながらこゆずの痴態を嘲笑っていると、千歳丸はそっぽを向いて唇を引き結んでいた。だが彼は耳の先まで真っ赤になり、唇だけでなく、瞼もぎゅっと閉じている。
「およ?」
 小天狗が不思議そうに首を傾げる。が、突然ぷっと吹き出した。そして千歳丸の周囲をちょろちょろと走り回る。
「おうおうおう? 小僧、オヌシ……力技ばかりの阿呆かと思っておったが、意外と純情だのぅ? この小娘に惚れておるんじゃな?」

更新日:2013-02-28 17:50:16