• 14 / 107 ページ

ライバル宣言

ガラガラ

はあ。先生に呼ばれて職員室行けば何もないじゃんよ。

翔太「あれ?りんは??」

男子「あっ、綾瀬??たかやさんと一緒に言ったぜ(半分ラチられて)」

ガッ

翔太「おい。どこにいったんだよっ!!言え。さもないと・・・」

りん「翔太!?何してるの??」

翔太「りんっ!!お前大丈夫なのか??」

りん「はぁ??何いってんの??キモいよww」

翔太「(ブチッ)俺はなお前なんて心配してねぇんだよ。ハゲww」

りん「はぁ??ハゲてねぇよ((怒 お前ほんとウザい。」

たかや「大丈夫だよ高尾くん^^りんにはちょっとね・・・^^」

翔太「ちょっとなんだよ・・・((怒 」

りん「人助けっ!!そこで雑草抜いてたおっちゃんが変な奴らにからまれてたから助けにいったんだよっ!!」

翔太「何だよ・・・」

ちょー心配した。

翔太「お前、二人っきりになるなって言ったじゃんか。」

りん「だって翔太いなかったし・・・」

翔太「・・・なんかゴメン」

たかや「高尾くん^^ちょっと^^」

翔太「何だよ。」


廊下~

たかや「お前りんのこと好きなんだろ??」

翔太「だったら何??」

たかや「俺も好きなんだよ^^だから」

翔太「だから何??俺は絶対お前に負けねぇよ。」

たかや「さすが。翔太^^まぁとりあえず3年までは手をださねぇからww」

翔太「・・・」

たかや「何が何でもうばってみせる。」

翔太「はぁ??りんは好きな人いないぜ。」

たかや「・・・いや、こっちの話。」

翔太「???」

たかや「じゃあな^^翔太^^」

何だよアイツ。まぢウゼぇな。

更新日:2013-02-08 20:11:41

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook