• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 80 ページ

プロローグ

ニューヨークの中心、マンハッタンを南北に横切るブロードウェイ。

劇場街から少し外れた位置にある小さなスタジオの中に、ひとりの美青年が吸い込まれるように消えていく。


額にかかった黒に近い深い茶に染まった柔らかそうな髪。

透けるように白い肌。

頼りなげな華奢な身体。


以前と何も変わらないように見えるけれど。

今の彼にあるのは、6ヶ月と16日の記憶だけ。



ただひとつだけ、憶えていたかったのに。

遠く離れた異国の地で恋い焦がれ苦しんでいるあの人のことを…。



更新日:2013-01-17 16:23:23

夢がさめたら 【君と過ごした最後の夏 続編】