• 75 / 159 ページ

第7話『再会と離別』



「『神薙 遊真』さん、D-ホイールライセンス発行しました」

 セキュリティ本部の交通課を訪れた遊真は、係の女性から自身の顔写真が貼り付けられた免許証を受け取った。

「……ありがとう」

「いえいえ。 あっでも、神薙さんは牛尾さんの推薦での取得なので、特別ですからね」

 「勘違いして、他の人に言っちゃだめですよ?」と念を押してくる。
 遊真は頷くと、交通課の扉から外へと出る。

「おっ遊真! ライセンスはちゃんと貰えたか?」

 廊下へ出るなり話し掛けて来るのは、橙色の髪をツンツンに立てた少年。
 両目の下に、雷に似たマーカーが刻まれている。

「……あぁ、この通りだ」

 ツンツン頭の少年に、遊真は渡された免許証を突きつけた。
 少年は笑みを浮かべると。

「これでお前も立派なD-ホイーラーだな!」

 と言って遊真の首を軽く締めてくる。
 締めるとは言っても、苦しくはなく、少年に敵意があるわけではない。

「クロウ、遊真が迷惑そうにしてるぞ」

「なわけないじゃんかよ遊星」

 クロウと呼ばれた少年は、角のような髪を持つ黒髪の青年を遊星と呼んだ。

「なぁジャック?」

 クロウは、壁に寄りかかった長身の男をジャックと呼び、話し掛けた。

「お、俺に話を振るな!」

 急に呼ばれたジャックは、慌ててそう言うと、そっぽを向いてしまった。
 遊星は肩を竦めると、遊真に視線を向けた。

「大きくなったな、遊真」

「……遊星さんもお元気そうで何よりです」

 そう言う遊真の瞳は、いつになく輝いていた。

「なんだよ遊真。 俺とジャックには挨拶なしかよ?」

 そう言いながら、クロウはグリグリと遊真のこめかみ辺りを刺激してくる。
 遊真はそれを迷惑そうに見ながら。

「……ジャックとクロウも久しぶりだな」

 と、素っ気なく返した。

「なんで遊星には『さん』付けで、俺とジャックは呼び捨てなんだよ!」

「クロウはまだしも、何故この俺まで!」

 うがー、と声を上げる二人を横目に遊真はクロウから離れ、遊星に近付いていく。

「俺のカード、まだ使ってくれているみたいだな」

「……当たり前じゃないですか……。 皆、俺の相棒です」

 遊真がそう言うと、遊星は微笑んで「そうか」とだけ答え、遊真の頭を撫でた。
 遊真は、嫌な気分にはならなかったが、なんだか気恥ずかしくなり、その手を払いのけた。

「……子ども扱いは止めて下さい」

「済まない、昔のくせで」

 苦笑する遊星は、遊真に謝罪すると手を引いた。
 少し後悔する遊真だったが、もう遅いので何も言わない。

「しっかし懐かしいなぁ。 サティスファクション時代を思い出すぜ」

 ようやく落ち着きを取り戻したクロウは、腕を組みながらうんうんと唸っていた。

「そうだな。 俺達4人に遊真が付いて来て、一緒に戦っていた」

 思い出に浸るように、ジャックがしみじみと言う。
 黙っている遊星も、目を閉じて思いを馳せているようだった。

「よーし遊真! どんだけ強くなったか見てやるよ!」

 しんみりした雰囲気を打ち砕くように、クロウがそう言って、廊下を走り出した。
 突然の提案に、遊真は唖然としていたが、遊星に肩を叩かれ、我に返った。

「フン……世話の焼ける奴だ」

 ジャックはそう言いながら、クロウの後に続いて歩きだした。

「クロウとジャックも、遊真と会えて嬉しいみたいだ」

「……そう、ですか」

 遊真は戸惑いながらそう答えると、遊星に促され、クロウ達の後を追った。

更新日:2013-09-14 20:39:35

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

遊戯王~GOD SWEEPER~神を薙ぎ払う者