• 6 / 159 ページ

第1話『薄暗い檻の中で』



「遊~真くーん。 起きてよー」

 男が無理に作ったやけに気色の悪い女声が、『神薙 遊真(かみなぎ ゆま)』の耳を浸食してきた。
 気持ち良く寝ていた彼にとって、この上なく不愉快だった。
 もっと寝かせろ、とでも言わんばかりに寝返りをうち、声の主に拒絶の意を示した。

「むぅ、仕方ないなぁ。 目を覚まさないならキスするしか」

 その一言を聞き、遊真は布団から勢い良く飛び出した。
 声の主ならば、本当にやりかねないからだ。

「……お前……」

 上体を上げた状態で声の主、黒髪の少年を睨む。
 所々寝癖が付いているような少年で、あまり自身を省みないような印象を受ける。

「おー姫、ようやく起きましたか」

 少年は大袈裟な仕草で遊真に語りかけるが、それは遊真の精神を逆撫でするだけだった。

「……誰が姫だ……」

 そう悪態を吐きながら、遊真はベッドから降りた。

「ん? まぁノリだよな」

 少年はあっけらかんと言うと、遊真のベッドに腰を掛けた。
 遊真は、寝間着を脱ぎ捨て、いつもの服に身を包んだ。

――囚人服。

 牢獄に入れられる者達が着させられるそれは、犯罪者の証だ。
 それを着た自分の姿が、鏡に写し出された。
 白い髪に、真紅の眼、肌は白く、全体的に白いイメージを受ける。
 その中で異彩を放つのは、鼻の頭に付いている黄色い傷跡のようなもの。
 否、それは傷ではなく、犯罪を犯したものに刻まれる証『マーカー』と呼ばれるものだ。
 治安維持局によって管理されるそれは、発信機の機能も果たしており、犯罪者がまた犯罪を犯さないような抑制力がある。

「さてさて、遊真。 今日の相手は大物だぜ」

 少年はポケットから一枚の紙切れを取り出すと、書かれた内容を読み上げる。

「『クロス・ルブレイ』、現在93連勝中のトップだ!」

「……そうか」

 興奮しながら話す少年とは対照的に、遊真の反応は冷ややかなものだった。

「なんだよ感動が少ないなぁ」

 不満を漏らす少年だが、遊真は鏡に写る自分を見つめ、こう言うだけだった。

「……相手が誰だろうと、俺の満足のいくデュエルをするだけだ」

 そう言い切った遊真に、少年は肩を竦めるだけだった。

「囚人番号LG3667! 準備は出来ているか!?」

 牢屋の外から、看守の怒鳴り声が響いた。
 呼ばれた囚人番号は、遊真に与えられた番号だ。

「おっ、お迎えが来たな」

「……みたいだな」

 牢屋の入り口まで近付き、看守と顔を合わせる。

「良し! 出ろ!」

 牢の鍵が開き、遊真は外に出された。
 付いて来い、と言わんばかりに看守は何も言わずに通路を歩いていく。
 それに遅れないように、遊真は後を追っていった。


 ここ、『サテライトA地区収容所』の地下では、毎日のように『決闘場(デュエル・アリーナ)』と呼ばれる賭け決闘が行われている。
 観客は、対戦者のどちらが勝つかを予想し、金を賭け、時には大金を手に、時には裸で帰って行く者もいる。
 そして、そ対戦者とは、大抵収容所の囚人のデュエリスト達であり、遊真も何回も繰り返している。 

更新日:2013-01-14 22:53:05

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

遊戯王~GOD SWEEPER~神を薙ぎ払う者