• 37 / 159 ページ

第5話『真の紅蓮対嵐の戦士』



「【マッハ・ウォリアー】で、ダイレクトアタック」

 遊真の攻撃宣言により、【マッハ・ウォリアー】の蹴りがプレイヤーのライフを消し去る。

「くっそぉ……」

 対戦相手は悔しそうな顔を見せ、膝を突いた。

『勝者は遊真ぁぁぁぁぁ! これで100勝に王手を掛けたぁぁ!』

 遊真の頭上にある電光掲示板に、『99連勝』という文字が映し出され、観客が歓声を上げる。
 それを確認すると、遊真は出入り口から舞台を後にした。
 看守にディスクを返却すると、先に進む看守に付いていく。

(……いよいよだな、遊真)

 通路の途中、ギースが話しかけてきた。
 遊真は頷いた。

(ああ、そうだな)

 もうすぐ此処から離れるとなると、少し寂しくもある。
 そう思えるほど、遊真はこの収容所に長くいた。

(なー、遊真?)

(どうしたマッハ)

 今度は【マッハ・シンクロン】が話しかけてきた。

(遊真はここ出たら何するんだ?)

 そう尋ねられ、遊真は言葉に詰まってしまった。
 自分が考えている事を言って良いのかどうか、分からなくなったからである。

(……ライトを……殺した奴を探し出す)

 そう言った遊真に、【マッハ・シンクロン】は不思議そうな声を上げた。

(ん? そいつは遊真がボコボコにしたじゃないか)

 確かに、ライトを殺したという男を遊真は倒した。
 だが、男の言葉に引っかかりが生じた物があったのだ。

――――頼まれたんだよ。

 バーソルスという男は、誰かに頼まれてライトを殺したと言う。
 それが事実ならば、直接手を下していないとは言っても、その人物が殺したのと同意だ。

(ライト殺しには黒幕がいる……だったらそいつを探すべきだろ)

(そっかぁ)

 納得したのか、【マッハ・シンクロン】はそれ以上何も言っては来なかった。
 替わりに、看守が遊真の方に向き直って口を開く。

「今は、自由時間だ。 中庭でゆっくりしておけ」

 着いたのは、自分の牢ではなく広い中庭だった。
 遊真はうなずくと、通路を抜けて中庭へと入っていった。
 その瞬間。

更新日:2014-06-21 17:11:59

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

遊戯王~GOD SWEEPER~神を薙ぎ払う者