• 31 / 159 ページ

第4話『更なる音速』



「……出来た」

 窓もなく、昼か夜かも分からない部屋の中で、遊真は呟いた。
 デッキ構築のために、手錠を外してもらってから、延々とデッキをいじっていたのである。

(どうだ、遊真? 満足のいくデッキは出来たか?)

 ギースが尋ねてくる。

(あぁ……)

 遊真は頷くと、デッキケースにデッキを収め、一息吐いた。
 思えば、一睡もしていない。

(一寝入りしておくか……)

 そう思った時、バタンとドアが開き、看守が入ってきた。

「囚人番号LG3667! 出番だぞ!」

 遊真は溜め息を吐くと、看守へと近付いてデュエルディスクを受け取る。
 看守は、遊真がディスクを装着するのを確認すると歩き出し、『決闘場』へと移動した。
 いつものように、門を潜り抜けようとしたとき。

「頑張れよ」

 看守がそう声を掛けてきた。
 珍しい出来事に、遊真は言葉を返す事が出来なかった。
 遊星やジャックの活躍で、シティとサテライトの意識が変わり始めた事を、遊真は知らないのだ。

「……言われなくても、俺はただ満足出来るデュエルをするだけだ」

 そう言いながら、遊真は微笑んだ。

(ゆ、遊真が笑ってる……不気味だ)

(……黙れマッハ……)

 冷やかしてくる【マッハ・シンクロン】を一蹴し、遊真は『決闘場』へと足を進めた。
 進んだ先には、対戦相手と思われる女性と、クロッシェが立っていた。
 クロッシェはマイクを持ち、口を開いた。

『皆様、今宵も当決闘場にお越しいただきありがとうございます。 私は当決闘場企画主任の『クロッシェ=ドレスナー』と申します』

 仰々しく会釈するクロッシェ。

『今宵は、先日この場で暴力行為を働いた囚人、74連勝中の『神薙 遊真』の、生き残りを賭けたデュエルです』

 いつもなら、歓声をあげるはずの観客達が、何も反応が無かった。
 クロッシェの放つ威圧感が、それを許さないのだ。
 物腰は柔らかい優男、しかし放つ言葉一つ一つが心臓を鷲掴みにするように重いのだ。

『勝てば今まで通りデュエル、負ければ永久追放、まさに崖っぷちのデュエルをお楽しみ下さい』

 そう言って、クロッシェは退散しようとしたが、思い出したかのように、こう言った。

『今回は、ただのデュエルではなく、ルール違反を行った遊真君には、一つハンデを負ってもらいます』

「ハンデ……だと?」

 遊真がオウム返しをすると、クロッシェは微笑みながら言う。

『彼の切り札【ギガンテック・ファイター】を使用禁止とします』

(なんだと!?)

 その一言に、ギース、そして観客席からどよめきの声が上がった。
 そして、遊真に近付いてくると、手を突き出してきた。

「念のため預からせてもらおうか」

 顔は笑っていたが、相手の行動を制限させるような迫力が、そこにはあった。
 遊真は呻きながら、デッキケースを開けると、ギースを取り出した。

(なっ!? 奴の口車に乗るな遊真!)

(心配するな……俺は勝つ)

 いつになく強い口調に、ギースはしばらくなにも言わなかったが、意を決したように言った。

(遊真……わかったお前を信じよう!)

(すまない……)

 ギースに謝罪しながら、カードをクロッシェへと渡した。

「確かに。 破ったりはしないから安心したまえ」

「……当たり前だ」

 カードを受け取ると、クロッシェはギースを胸ポケットに入れ、会場から去っていった。

『主任から話があったように、今回は遊真の復活戦だぁぁぁ!』

 静まり返った場を盛り上げようと、司会が叫び声を上げた。
 司会の思惑が成功したのか、観客席からは大きな歓声が上がった。
 そんな喧騒の中、遊真と対峙している女性が口を開いた。

「こんにちは、よろしくね坊や」

 歳の方は二十後半といったところか。
 ブロンドの髪に、白い肌、囚人服からでも分かるボディラインは、見るものの目を惹いた。
 彼女の放つ妖艶な雰囲気も相まって、彼女の周りだけが別世界のような空気が流れていた。

(すっごいナイスなボディだね遊真)

 テンション高く【マッハ・シンクロン】が言う。
 確かに、出るところは出ているが。

(別に……興味はない。 俺の興味は俺を満足させてくれるか否か、それだけだ)

 遊真はそう返すと、デュエルディスクを起動させる。

「あらら、やる気満々なのかしら。 焦っちゃって……もう可愛いわねぇ」

 フフフと笑う女性。
 なにやらその視線に、遊真は背筋が寒くなったのを感じた。
 女性はディスクを起動させると、口を開いた。

更新日:2013-03-06 23:39:21

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

遊戯王~GOD SWEEPER~神を薙ぎ払う者