• 12 / 159 ページ

第2話『鬼械の申し子』



 『決闘場』トップ、クロスを破ったことにより遊真は、収容所で一躍有名人となった。
 更正のための作業中や、食事中では視線を感じ、時には話し掛けて来る者さえいた。
 自由時間にはデュエルを挑まれる事も多々あり、遊真にとって疲れる日々が続いた。
 一週間経った今も、それは衰える事はない。

(疲れた顔をしているな)

 夜、就寝時間となり、静まり返る牢の中で、遊真に声が掛かった。
 ほかの者には決して聞こえる事のない、遊真の頭に直接響いてくる声。

(……他人と関わるのは御免だ……)

 遊真は口は開かず、頭の中で返した。
 声の主は苦笑しながら、言葉を返してくる。

(私には、楽しそうに見えるのだがな)

(……馬鹿を言うな……ギース)

 遊真は声の主、【ギガンテック・ファイター】に怪訝な顔をした。
 遊真はデュエルモンスターズに宿る精霊と、会話を交わす事ができる。
 世の中には精霊の姿が見える者もいるが、彼の力はとても微弱なもので、声を聞くのがやっとと言った具合である。

 ギースというのは遊真が【ギガンテック・ファイター】に付けた愛称である。
 人前では決して口には出さないが、こうして頭の中で話す際には遊真はギースと呼んでいる。

(……俺が人嫌いなのは知っているだろう)

(私には、お前が人との繋がりを求めているように思えるのだがな)

 ギースは心なしか、悲しそうな声でそう言った。
 遊真は一言馬鹿らしいと吐き捨て、ベッドに顔を埋めた。

(……私は心配なのだ……我が主よ)

(……大きなお世話だ)

 遊真は言うとギースとの会話を遮断し、眠りに入る。
 夢の世界に入る直前に遊真が聞いたのは、ギースのため息だった。



更新日:2013-01-14 23:12:55

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

遊戯王~GOD SWEEPER~神を薙ぎ払う者