• 1 / 159 ページ

プロローグ



 俺は荒れ果てた街を独り彷徨っていた。
 どこへ行くのか?
 そんなものは知らない。
 行く先など無いし、目的があるわけでもない。
 そして帰る場所すらない。
 俺の家は、『ゼロ・リバース』と呼ばれる災害で両親ごと吹き飛んだ。
 俺だけは奇跡的に無事だったが、帰る家、優しかった両親を同時に失った。


 そんな俺に残されたのは、カードデザイナーをしていた父が手掛けた数枚のカード。
 まだ公式には発表されていないものだが、デュエルに使う事は出来るらしい。
 まぁ、俺のデッキは『ゼロ・リバース』で消滅してしまったので、デュエルを出来るはずもなく、父の形見として身につけて歩いている。


ドンッ


 何かにぶつかった。
 下を向いて歩いていたからか、目の前に壁があることに気付かなかった。
 ゆっくりと視線を上にずらすと、ぶつかったのは壁ではなかった。

「オイコラ餓鬼! どこ見て歩いてやがる」

 いかにも柄の悪そうな男が立っていた。
 謝ろうにも声が出なかったため、会釈だけしてその場を去ろうとするが、後ろから男に肩を掴まれ、地面に倒された。

「人にぶつかっておいて、詫びもねぇのかぁ?」

 物凄い形相で睨まれたが、俺はただ俯くだけだ。
 言い返す気力もない。
 このまま果てるのも悪くない、そう思えさえした。

「気味の悪い餓鬼だぜ。 ん?おーデュエルモンスターズ持ってんじゃねぇか。 詫びとしてそいつをくれたら許してやっても良いぜ」

 俺が手に持っていたカードを見て、男は言った。
 世の中ではカードは高価で売買されている。
 売って生活資金にでもするつもりだろう。

「……だ……」

「あぁん?」

「いやだ……」

 こいつらは、父の形見、唯一無二のカード。
 それを渡すわけにはいかない。

「テメェ!」

 激昂した男は、殴り掛かってきた。
 俺は目を閉じ、痛みの瞬間を待ったが、中々その瞬間は訪れなかった。
 恐る恐る目を開けると、男の拳を受け止めている青年の姿があった。

「オイオイ、子ども相手に大人気ないんじゃねぇか?」

 青い髪の青年は、拳を押し返しながらそう言った。
 ノースリーブのジャケットに、額に巻いた鉢巻が印象的な青年だ。

「テ、テメェは!?」

「俺たちの縄張りで好き勝手やってくれんじゃねぇの? 俺たちへの宣戦布告と見なすぜ?」

「ひ、ひぃぃぃ」

 青年がそう凄むと、男は足早に退散していった。
 俺はその様をジッと見ているのだった。

「ったく……歯ごたえの無い奴だぜ。 こんなんじゃ満足出来ねぇな」

 頭をボリボリと掻きながら、青年が俺の方を向き、手を差し伸べてきた。

「立てるか?」

 俺は頷き、青年の手を取らず、一人で立って見せた。
 それを見て青年は苦笑しながら手を引き、口を開く。

「ま、無事なら何よりだ」

 俺はキョトンとした顔で青年の顔を見る。

「ん? どうした? どっか痛むか?」

 俺は首を振り、答えた。

「なんで、助けた?」

 今、俺が居る場所『サテライト』では、『ゼロ・リバース』によって街、交通機関等が遮断され、荒れ果てており。
 それでも生き残っている人々は、自分の事で頭がいっぱいで、他人を助けようなどとは思わない。
 今まで俺が彷徨い歩いていた時も、さっきのような奴は多かったが、助けてくれる人なんて居やしなかった。
 俺の問いに、青年は「なんだそんなことか」とでも言うように答えた。

更新日:2013-01-14 22:41:22

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

遊戯王~GOD SWEEPER~神を薙ぎ払う者