官能小説

成人向けコンテンツについて
R-18

ここから先は未成年にふさわしくない成人向けの文章が含まれています。

18歳未満の方、もしくはこのような小説を不快に感じる方は「入室しません」を選択してください。

上記の内容に同意される場合のみ「入室します」をクリックしてお進みください。

  • 4 / 55 ページ
まだセフレたちのペニスから出た精液が残っていたのか、オレが指を動かすとその精液が滲み出てオレの指を濡らした。

「ずいぶん大量に出してもらったんだな。まだ精液が出てくるぞ」

「あああんっ・・いっぱい出してくれたぁ・・・」

「ふふふっ・・・淫乱な子だ」

「うん・・・ボク淫乱なのぉ・・・」

すると、オレの隣でタケルとオレの行為を見ていたイアンが、オレの再び勃起し始めていたペニスを握り手で擦って、顔を寄せ舌でベロベロ舐め始めた。

「ぁ、ううぅっ・・・いい子だイアン・・」

何も指示してないのに、イアン自らフェラチオをする。
褒めてあげると、イアンはより淫乱に成長してくれた。
イアンの頭を撫でながら、足の指は息子タケルのアナルを弄り愛撫するオレ。

こんな幸せなことはない。
オレはまた、淫乱な行為を閃いた。

「よし、イアン。床に四つん這いになって。・・そう、いい子だ。タケルはイアンのお尻の中におちんちん入れてあげて」

「あ・・・うん。・・・初めてで怖いけど・・イアン入れるよ?」

「ああ、タケルお兄ちゃんの・・・おちんちんちょうだ~い・・」

イアンはタケルに向けてお尻を広げて待つ。
タケルはイアンの窄まりに、勃起したペニスを挿入した。

「あああっ・・あああぁっううぅぅっ・・はあぁ・・気持ちいい~イアンのお尻の中気持ちいい~よぉ・・・」

「あああっ・・あああぁぁっ・・タケルお兄ちゃ~ん・・ボクもきもちいい~・・」

タケルは初めて子供のアナルで童貞を捨てた瞬間だ。
初めてペニスに感じる快感に、タケルは腰を動かしだす。

「どうだ気持ちいいかタケル?お尻は気持ちいいだろ?女のおまんこなんかより最高なんだぞ?」

「ああっううぅっ・・うんっ。気持ちいい~お尻の中のおちんちん気持ちいい~・・・」

イアンの腰を掴んで自分の腰を前後に動かす。

「ああっ・・きもちいい~・・・はあぁ・・ああんっ・・おしりきもちいい~・・はあぁんんっ・・」

オレは2人のセックスを見ていて堪らなくなり、タケルの後ろに回ってタケルの後ろで膝をつく。
そしてタケルのお尻の割れ目を広げ、ヒクつくアナルにオレはペニスを挿入した。

「あああぁぁっ・・パパ~・・はああぁぁんんっ・・イイーッ」

タケルは快感に喘ぎ、身体を仰け反らせる。
イアンはラグの上にうつ伏せになり、お尻だけを高く上げた。
タケルは前のペニスと、お尻と両方気持ちよくて自分から腰を揺らす。

「あああんっ・・イイイッ・・イイーッ・・あっあっお尻もおちんちんも・・気持ちいいーッ・・」

「あっあっあああぁっ・・ボクもぉ~・・お兄ちゃんのおちんちんできもちいい~よぉ~・・」

「おおぉっ・・うううぅっ・・最高だぁ・・タケルっ・・んんっ・・はあぁぁ・・ああっ・・」

自分の下で可愛い子供たちが、快楽に耽る姿を見つめながらオレはペニスを突き上げた。
体がペニスで繋がる淫乱なオレたちだ。
ガンガン激しく腰を突くと、連動して2人の身体が揺れる。
腰を動かしペニスを抜き差しする。繋がったアナルとペニスが擦れ合うと、ヌチュヌチュ・ヌプヌプとイヤラシイ音がリビングに響く。

「あっあっあっ・・イイーッスゴイよぉ・・・あっあっ・・おちんちん・・おちんちんがっ・・はあぁぁっ・・前も後ろもっ・・・おちんちんが~・・ダメぇ~・・ああっ気持ちいい・・あんんっダメぇイッちゃう~・・・」

タケルはオレからアナルへのピストンと、イアンと繋がっているペニスの快感で何を言っているのか分からないほどの喘ぎ声を叫ぶ。

「イイ~ッ・・はあぁ~ん・・タケルお兄ちゃ~ん・・あっあっ・・やぁぁ~・・すごいよぉ~・・きもちいいーっ・・はあぁっ・・あっあっでちゃう~っ・・・」

イアンもタケルのペニスに責められ、毛足の長いラグを小さな手で掴んで叫んだ。
幼い幼稚園児が淫らに喘ぐ姿に、オレは堪らなく興奮する。


更新日:2012-11-29 01:59:16

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

淫乱少年タケル(1) (BL・R18) R-18