• 34 / 35 ページ
Rila先生のサロンに出かけてみると、先生はまだお若くて、ロングヘアにドリーンバーチュー博士みたいな天使のドレスを纏い、私も大好きなシャンカリのペンダントを身につけていらっしゃいました。

その醸し出す雰囲気は天使そのものです。

こんな素敵な先生に習えたのは、本当にラッキーでした。


レッスンは、様々な理論やメソッドもありましたが、基本的にはいかにしてカード以外のところから天使のメッセージを受け取るかというところを訓練(?)するものでした。

これはカードに付いている解説書には書いてありません。

そしてレッスン場には、天使に繋がりやすい音楽がずっとかけられ、リラックス出来るお茶とお菓子が用意されていたのもものすごく効果があるのを感じました。



そしてこのレッスンの中で、自分がそれまでにカードを引くときに感じていた様々なインスピレーションが、実は直接天使が語りかけていた事だったのだと理解したのです。


何だ、既に出来ていたんだ!というのが正直な感想でした。


そして、天使との出会いに改めて感謝したものです。



このレッスンでは、参加者とお互いにリーディングし合うレッスンを通して、セラピストとしてのクライアントとの話し方やメッセージの読み方、伝え方なども学びました。



Rila先生は生まれたときからの霊能者ではないようでしたが、リコネクティヴヒーリングや霊気などに精通しており、その霊視能力には学ぶ物がたくさんあります。


また、私はたまたまJMにエネルギーの通り道を付けてもらい、知り合いに霊気のアチューメントを受けていたので、エンジェルヒーリングではエネルギーを強く作用させることが出来るとも言われました。



考えてみると、私の気付かないうちに天使は私にヒーラーとしての道筋を付けていてくれたのです。



それまでは、ロジカルな自分にはカードリーディングを教えることは出来ても、ヒーリングは出来ないだろうと考えいたのですが、むしろそれが自分の役割だとようやく納得出来ました。



そして、ここの資格を取得するためには20例のレポートが必要だったので、アロマのカウンセリングにもエンジェルを取り入れたり、知り合いをリーディングしたりして、経験を積んでいきました。

更新日:2013-01-01 17:41:00

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook