• 1 / 4 ページ

Sな彼女

最近、加奈が俺に冷たい。

昨日、学校の帰り道。

「加奈、ミスド行かない?」

いつも唐突に切り出すのは、加奈の親友の菜緒。

菜緒は前髪を気にしながら、迷っている加奈の返事を待つ。

「うーん。……英語やっとかないとマズいんだよね。明日、新井にあてられそうだし……」

「そういえば昨日さぁ、授業中カズヤくんにメールしてたら、新井にいきなりあてられて嫌味言われたし。言い方がいちいちムカツクんだよね」

菜緒は昨日のコトを思い出したのか、顔を紅潮させている。

「まだケータイ没収されないだけよかったんじゃない?」

「……そうだけど」

頬をプゥッと膨らませ、菜緒は納得のいかない様子で携帯を取り出しメールを打ち始めた。

「カズヤくん?」

「うん。うちらラブラブだもん。──加奈も早く仲直りしなよ」

「……うん」

加奈は俯いて悲しそうな瞳をした。

え? 今のハナシ、何?
俺がポカンとしていると、二人は足を速めた。


二人とも俺なんか構わずにとにかく喋る。

いつものことだ。


別に淋しくはない。


更新日:2009-01-31 13:36:49

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook