• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 17 / 79 ページ

story 3 試合

次の日、あたしはひとりで電車に乗って
春人の部活の試合会場へ向かった。

どこにいるんだろう。

目的地に着いたはいいけど
どこにいるのか分からない。

昨日メアドをもらったのを思い出して
ケータイを出そうとした。

「唯?」

後ろから声が聞こえた。

「あ、春人!」

よかった。
見つかってほっとした。
すると男の人が
春人に話しかけてきた。

「おー、彼女連れてきたんだ?」

「いいだろ別に。」

誰なんだろう。
春人の友達なのかな。
この人もイケメンじゃん・・・

「ねぇ名前なんて言うの?」

「あ・・・黒木唯、です。」

「おー唯ちゃんかー
 俺、佐藤和樹(さとう かずき)よろしく。」

「うん。よろしく・・・」

「和樹、キャプテンが呼んでる。」

「まじかよ。じゃ、唯ちゃんまたねー!」

そう言われたから
あたしも小さく手を振った。

更新日:2012-10-09 16:17:28