• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 12 / 79 ページ

story 2 ファン

「あっ唯ちゃんだ!!!」

後ろから声がして振り返ると
5人くらいの女子が走ってきた。

「ねぇ唯ちゃんだよねぇ?!」

「そうですけど。」

・・・誰?

面識ありましたっけ。

「あーやっぱ春人くんのぉー」

その中のひとりが発した言葉。

春人くん

彼女からその名前を聞いて
ビクっとした。

・・・もしや

「あたし、石原愛子(いしはら あいこ)って言うの。」

きっとそうだ。
あたしに対する恨み的なものを感じる。


「春人くん奪うなんて、いい度胸よね。」


でたーーーー

ファンクラブ!!

更新日:2012-09-30 14:44:43