• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 79 ページ

***

「うわ、危ない・・・」


上履きの中に画鋲が入ってる。

気づかなかったら今頃足の裏にささってた。

危ない危ない。



今日は月曜日。
学校にはいつも早くついてしまうから
教室には誰もいなくて
しんと静まり返っている。


自分の席につこうとすると
机と椅子が倒れていた。

仕方なく元に戻すと
変な落書きを見つけた。


字が汚すぎて読めない。

筆箱からけしごむを取り出して
ひたすら消す。


えんぴつで書いてくれる所が
勇気のない、おどおどした性格を思わせる。


きっと今日もあの子たちの仕業。



けしごむを動かしながら



そう、推理した。

更新日:2012-10-09 18:48:06