• 4 / 13 ページ

第3話「委員会」

「沙ー羅っ。何にするか決めた?」
『んーん。綾は?』
「あたし図書委員とかでいっかなーって」

なーんか、ぶっちゃけめんどくさいなー。
あ、そだ。

『佐々木くんは?』

一緒とか楽しそう。
そう思って、声をかけた。

「んー・・・」
「上村!お前なにやんの?」

出たな、三上。

『分かんなーい』
「ふーん、純也は?」

三上が、佐々木くんに顔を向ける。

『なに、佐々木くんと三上って仲よかったの?!』
「ん?あぁ!俺と純也、昔サッカーチームで同じでさ。純也と俊也で名前も似てるし、わりと仲よかったんだよ」

そっか、三上の下の名前って俊也だったっけ。
なんて1人で納得しながら、委員会のプリントを見つめた。

「てーか・・・あたし、完全に浮いてる?」

綾が、小さくそう言った。
『あ、いやいやいや!ほら綾!こちら佐々木純也くん!』
「どーも」
「あははっ!冗談だよ!どーも!」
「・・・で!委員会、どーすんだって」

忘れられた三上が、首を突っ込んだ。

『なんでもいーやー』
「あたしもー」
「俺も」
「んだよ適当だなー」
『んじゃ私、美化委員でもやろっかな』
「うわーお前が美化とか、むしろ清潔度が悪化すんだろ」

三上の言葉に、あたしはイラッ。

『はー?!ふざけんなし、あんたの何倍も部屋キレイですから!』
「お前が入ったら改名しろよ、汚染化委員会って」
『うっさい黙れポンコツ人間!』
「ざまみろトンカツ人間!」
『そこまで太ってないわバカ!』

こいつは何かと、ムカつく。
いわゆる、ケンカ友達?

「お前ほどバカじゃねーよ!」

言い返そうと思った瞬間、着席の指示が出た。

更新日:2012-09-26 17:42:24

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook