• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 8 / 29 ページ

-8-

僕もとうとう、念願の有名製作者になることができたのです。

ガラリと生活が変わった・・・というと少し大袈裟ですが、
今までにないような、充実した日々を送る事となりました。
作品の共同制作の誘いがチラホラくるようになりましたし、
他の有名製作者達と共に音楽や映像作品を製作し、
イベントなどに持ち込んで販売をするようにもなりました。
もちろん自分単独でCDの製作や販売もしています。
そしてそれらは、大概は好調な売れ行きで、
完売してしまう事もあるほどの人気となったのです。

素直に「凄い事になった」と感じました。
ようやく望んだところまでたどり着いたのです。
みんなが僕をみてくれます。
動向を追いかけ、気にしてくれます。
ボカロ曲の製作者ならばだれでも憧れる「有名P」の一人となれたのです!

その後も新しい曲を投稿する度に、着実にファンを増やしていきました。
そして、この成功のきっかけとなった、
「やり直し」動画の投稿から一年ほど経ったある日、
その動画は有名Pとしての一つの証である、殿堂入りを果たしたのです。
トップページに表示される、金色に輝くフレームで飾り立てられた僕の動画。
ユーザーがニコニコ動画独自のポイントを使用して
気に入った動画を宣伝ができる「広告」も、
今ではかなりの数になっています。
この曲は間もなくカラオケとなり全国配信され、
ネット上では勿論のこと、雑誌などの他のメディアでも取り上げられ
その流れで小説化も決定する事となりました。
そして更には、某ゲーム会社が製作した
リズムアクションゲームの収録曲として人気投票で選出されたのです!

深い感慨に包まれています。
成し遂げたという実感で、体の真ん中に、
これが「幸せ」であるとしか言いようの無い
温かいものが満ちていきました。

「とうとうやったんだ・・・」

自分で言うのもどうかと思いますが、
恐らくこの曲はボーカロイドの作品史に名を残すと思います。
他の伝説ともいえる名曲達と同列に扱われるのです。
いまでは多くの人が、僕を憧れを込めた目で見てくれます。
もちろん自分の実力だけで成したとは思いません。
運の良さも多分に影響しているのは間違いないでしょう。
もっともその運も、あの努力無しには
引き寄せることは出来なかったとは思いますが。
「努力は報われる」・・・胡散臭い大嫌いな言葉ですが、
いまなら何と無く理解して受け入れられる気がします。
なんにせよ僕はこの世界の、ボーカロイドムーブメントの、
まさに中心にいる一人になれたのです!

深い深い充実感に浸り、この状況を楽しんでいる僕に、
妙なことを語りかける、耳障りな声がします。

「本当に満足なのでしょうか?」
「これで本当に満足なのでしょうか?」
「忙しさに、少しは紛れていただけでは?」
「でも、この後はどうしたいのでしょう?」
「本当のところは・・・?」
「本当の・・・」

やっぱりだ、時々現れてはよく分からない事を言って水をさす、
僕に語りかけてくるこの声は一体なんなのでしょうか?
満足に決まっています。
ようやく手に入れたこのポジションは、絶対に守り続けるつもりです。
もちろん、これからもより良い曲を作るための努力は続けますし、
そして曲だけじゃなく「営業」も大切だということも良く理解しています。
もう、うけることの無い間違った作品を作ることはありません。
とにかく、これからも、いえ、これまで以上に精力的に活動していきますし
そして今この状況には大きな満足を感じています。

僕は有名Pなのです。みんなが僕のことを知っています。
最高の気分です!これ以上に無いくらいに!


つづく

更新日:2012-10-18 19:37:14