• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 4 / 29 ページ

-4-

なんの事はありませんでした。再生数はほんの100強。
動画についたコメントは、投稿を労う「お疲れ」の意味を示す、「乙」が3つ。
そして、コメント以上にその動画の評価を表すマイリストは
自分の他に僅かに3人だけ。何かの間違いかと思いました。
恐ろしいのは、これらの評価が更に悲惨なものになる可能性がまだあるという事です。
それは、新作動画が投稿されると自動的にコメントやマイリストを行う、
そういうシステムが利用されている可能性があると言う事です。
ようは「人間」によるコメントやマイリストは「0」であるかもしれないのです。
動画の検索を助ける、タグの付け方が悪かったのだろうか?
もしかしたら投稿した時間もいけなかったのかもしれない。
サムネイル?確かにこれは少々地味かなと、投稿前から気になっていました。
大抵はボーカロイドキャラクターの華やかなイラストを使うものです。
実写の、それも白黒のサムネールは、この曲に触れてみようという
最初のきっかけを潰すには非常に有効だったかも知れません。

そうだ。そのはずです。
これら様々な原因が少しずつ影響しあって、最悪の結果を導いたのです。
決して・・・、いや、確かにクオリティが高いとは言えませんが、
僕の曲自体がまったく聞くに耐えないということでは無いはずです。
そうだ。そのはずだ・・・。

更新日:2012-09-20 19:44:03