• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 29 ページ

-1-

本日、8月31日、初音ミク誕生から5周年を迎えるとの事で、
「おめでとう」の気持ちと共に、何か一種の感慨深さも感じています。
ヤマハの音声合成技術、vocaloid2エンジンを使用した
ヴァーチャルネットアイドル『初音ミク』。
リリース直後はそれこそ新し物好きのおもちゃといった感じでしたが、
ニコニコ動画にユーザーオリジナルの楽曲が投稿され始めると、
徐々に話題となり、楽曲の製作者を増やして来たのでした。
忍耐強さを求められる調整を重ねに重ね、
それでも完全には消すことのできない、
まるでロボットのような不自然で不器用な歌い方。
しかし、そこに一生懸命な、健気な姿を感じ・・・
「姿を感じる」とは妙な表現ですが、
ともかくそれが思いのほか感情を揺さぶる・・・感動出来る。
自分の中に新しい感性が生まれたような、
そんな衝撃を与えてくれたのです。
特に初期の名曲達は、初音ミクの、そしてボーカロイドの普及に
大きな貢献を果たしたと言えます。
今では、単なる「シンセサイザー」という扱いを超えて、
一つの人格をも有したと言って過言無い・・・
いや、肉体を持たないという特性上、
それを超えた存在と表現しても良いのかもしれません。
要するに「神」のような「何か」であると。
まぁもっとも、ファンの間では
「天使」という呼び名のほうが親しいようですが。
その後も成長を続け、多くの派生ボーカロイドを生み、
新たなファンを獲得し、
あらゆるメディアに進出を果たし、
ついには現実の世界に舞い降りてコンサートをもやってのけたのです!
それも日本だけはなく海外でも!
多くのファン達、-楽曲・映像・イメージアート・小説・漫画などの
製作者、そしてそれらを消費する人々-、を
惹きつけ増やし続けるボーカロイド。
そのムーブメントは、今では製作者の過多やファンの好みの細分化で、
飽和状態とも言えるまで成長を続けています。

さて、ミクを「お迎え」(購入する事をそう呼ぶ)した人は、
何に惹かれてそうしたのでしょうか?
曲を聴いて自分も作りたくなったから?
ずっと歌モノを作りたかったDTMファンでしょうか?
あるいはなんとなく流行っているから?
ミクの可愛らしさに惹かれて?
色々とあるでしょう。どれも理解できる理由ばかりです。
かく言う僕は、ニコニコで曲を聴いて「勘違い」したクチです。
ミクさえあれば、自分にも人を感動させる曲が作れる!
そしてニコニコに投稿すれば、多くの人が聴いて反応を返してくれる!
上手く高い評価を貰えれば有名になれる!!

もちろんそう簡単なものではありませんでした。
MIDIキーボードからDAWまで一通り作曲に必要な道具を揃えたものの、
作曲のイロハやセンスまで手に入った訳ではありません。
立ち上げたDAWを前に、ただ呆然とするだけでした。
一気に興奮が醒め、機材一式はしばらくの間押入れの肥しとなるのでした。
ミクのパッケージを見る度に、なんとなく申し訳ない気分に包まれて
心の中で「御免なさい」と、幾度となく呟いたものでした。

そんな、情けないやら悲しいやら、悶々とした気分を抱えて過ごす日々。
作曲したいという情熱も、線香花火のように弱々しくなっていきました。
最後の支えになっていたのは、なんとも情けない事に、
「このブームの中に自分も存在したい」という感情でした。
日々ニコニコに投稿され続ける玉石混交の楽曲の数々。
それを取り巻くファンの熱気。
確かにそこで、何か大きな事が起きようとしている。
いや、もう起こり始めている!
そんな渦の中に自分も巻き込まれたい!
それも消費する側ではなく供給する側として!
分かり易く言うと、要は有名になってチヤホヤされたいだけなのですが。


「わかりやすく言うと・・・?」
「いや、それは単なる綺麗事でしょうか?」
「もっとイカれた事を考えていたように思います」
「嘘をつく必要もないのかもしれない」
「本当はどうしたいか良く分かっているハズです」


・・・違います。
そんな下衆な考えは持っていません。
ちがうちがうちがうちがうちがう!!
僕はそんな人間じゃありません!

更新日:2012-09-27 21:31:39