• 2 / 57 ページ

第二話 悪魔と妖怪

戦闘は扉を開いた時から始まった。

ダンテは体を横に回転させながら銃を連射していた。

女性は光の玉で銃弾を相殺した。

「なんだそれ?」

「弾幕というものよ。」

その瞬間女性が消えた。跡形も無くだ。

「次はかくれんぼかいお婆さん。そんな歳じゃないだろ?」

ダンテは少し舐めた口調で行った。
その瞬間、ダンテの背中に弾幕が当たった。

「あまり舐めないでくれるかしら?殺しちゃうわよ?」

結界「光と闇の網目」

多数の弾幕がダンテを囲む。

「ほう。予想以上に熱いね~。」

弾幕が一斉にダンテ目掛けて降って来る。ダンテは逃げる隙間を考えたがありそうにない。

「流石にこれはキツイか。」

その瞬間、一斉に弾幕は大爆発を起こした。辺りには煙がまった。

「相手の事を舐めすぎよ。デビルハンターと聞いて戦ってみれば弱いものね。」

その女性は帰ろうとした。

「パーティーはこれからだぜ!!」

女性は驚いて振り向く。煙の中から物凄いスピードで何かが突っ込んでくる。
女性は消え、その攻撃を避けた。

「く!・・・何が?!」

そこには魔人化したダンテがいた。
右手にはスパーダが握られていた。(DevilMayCry1の服。魔人化時に姿がスパーダになる。)

「以外にできるわね。」

「まだまだ終わっちゃいねーぜ!来いお婆さん!」

ブチッ

紫奥義「弾幕結界」

え?もう奥義?(by作

さらに無数の弾幕がダンテを囲みながら襲いかかる。

「~~~♪」

調子に乗った声を上げながら剣一振りで三~四個の弾を切断して行った。
そしてなに一つ、ダンテに弾が当たることはなかった。

「あの数を剣一本でなんて…。」

ある程度弾を消滅させたダンテは女性に斬り掛かろうと突進してきた。

「く…!」

ダンテが切りかかった寸前に女性は慌てて消えて行った。
ダンテは剣を空振りし女性を探した。

(これでおしまいよ!)

ダンテの背後に現れた女性は弾幕を放とうとした。
しかし、

チャキ…

女性の首に刀身が当てられていた。
後ろにいたのはダンテだった。

「え…二人?!」

女性は驚いた。
後ろに居るのはダンテ。じゃあ前に居るのは?

「あれはドッペルゲンガーだ。」

ダンテが魔人化を解くとドッペルゲンガーは消えていた。

「は~いいわ。私の負けね。」

こうしてダンテは勝利した。

更新日:2012-07-05 18:52:35

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

【東方×DMC】魔界に侵食される幻想郷