• 15 / 27 ページ

嘘から出た真

とある平凡な町に一人のわがままな女の子が住んでいたわ。見た目は可愛くもなければぶさいくでもない。まあ、どちらかというと可愛いほうだったわ。身体能力も頭のよさも平均で、特別上手いことがあるわけでもない平凡な子。

だけど、人生に満足していなかった。親は彼女に沢山の物を与えていたけど、それでも満足じゃなかったの。

まあ、最近の人間の子とかそうよね。

この世界で食料やお金がなく、生きるに生きれない子供達とは違い、ちゃんとしたお金を持っているのに満足していない。まあ、それが普通なんだから、それ以上を求めてしまうのは仕方ないと思うけどね。

少女は最近、もっと不機嫌だった。学校では一番の美少女だったけど、新しい転校生がきた。その子は整った顔立ちの可愛い女の子。しかも特に可愛い子ぶってるわけじゃなく、ちょっと遠慮がちだったわね。でも優しくて、皆を気遣っていた。そして、ピアニストになるって夢を話すときは目が輝いて、皆にその夢を宣言していたわ。女の子___Aの名乗っておくわね。は、転校してきたBに酷く嫉妬した。
だから嫌がらせをするようになったの。まあ、虐めってのはどんな次元にも存在することだから。

まず、BはCっていう弟がいたの。その子は科学者が夢である試験を受けたのよね。で、ある人と上位の座を争ったんだけど、その人は自転車で橋を渡っていたら、誤って川に落ちて死んだの。それで、Cは試験に合格して、大人になったら科学者になることを約束された。Cは村人から祝福された。けどAはその事件について見逃さなかった。

更新日:2012-06-23 11:36:07

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

真夜中の神様の図書館のことわざ集