• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 103 / 503 ページ

≪ヤマブキジム≫

マサト VS ナツメ 
『使用のポケモンは3体3! 技使用制限、交代自由は、チャレンジャーのみです!
それでは 第1回戦 バトル開始!!』
「行きますよ ケーシィ!」
「行くよ! コラッタ!」
ケーシィ VS コラッタ
「ケーシィ! 目覚めるパワー!!」
「電光石火で避けるんだ! その勢いを利用して、アイアンテール!!」
「テレポートです!!」
「! あ!?」
目覚めるパワーを仕掛け、コラッタが電光石火でかわす
電光石火の勢いを利用し、アイアンテールを仕掛ける
それを、ケーシィは、テレポートで素早いスピードで消え避けた
「今です! 冷凍パンチ!」
「! 上に避けて! そこから、火炎車だ!」
「テレポートです!」
これも、テレポートで避けられる
「・・・く・・・テレポート、早い・・・」
「・・・くす、そんな攻撃じゃ、私のケーシィは、倒せません! 今です! 気合パンチ!!」
ケーシィは、コラッタに、素早く詰め寄り気合パンチを決めた
「! コラッタ!!」
『コラッタ! 戦闘不能! 寄ってこの勝負、ナツメ&ケーシィの勝ち!!』

「うそ・・・戻って・・・コラッタ・・・お疲れ様・・・」
(ケーシィ強い・・・進化していないからって、侮ったらダメだ!)
近くに、進化していなくたって強いポケモンを出してくるトレーナーが居るのだ
油断がいかに痛いかなんて、何時も見ているので知っている事だった
「言ったはずです!!」
「!」
「手加減は・・・しない・・・そう言いましたわよね?」
「! く・・・」

「ああ!? マサト・・・負けちゃった・・・」
「落ち着いてハルカ、まだ、一回戦だもの、そんなに、残念がらないで?」
「うう~・・・私が、もたないかも!!」
「くすくす、ハルカが、そんなんでどうするのさぁ」
「だって・・・」
「いい線は、いっているけど、避けるタイミングも、技を出すタイミングも、どれもいい感じだ、けど・・・」
「素早さが、足らないかもね?」
サトシとシゲルが、分析する
「ああ、ケーシィは、素早いからなコラッタが追い付かない」
「遅いから、こそなせる技もあるけど」
「そこが、まだまだ、マサトには、分からないだろうな」
タケシとサトシは、素早ければ良いとは限らない事を、知っている、遅ければ遅いなりに、方法を思い付く、それはもう・・・
「そこはもう、経験だよね?」
「そうだな、自身で、そうやって、学んでいかないとな」
「だが、筋は申し分ないな、流石は、ジムリーダーの息子ってとこか?」
誰よりも、バトルを見て来たそれは、中々の肥しになっている様で、シンジも、驚いていた新人トレーナーなのに、結構慣れているそれに・・・
「加えて、身近に、バトルセンスがある奴が居るんだし、誰よりもいい環境に居るよな、あいつって」
「だな、羨ましいぜ・・・」
ジュンとケンゴが、ぼやくそれは、全員(サトシ以外)思う事だった

更新日:2012-11-03 13:31:49

サトシとポケモン達とその仲間達の冒険リメーク