• 31 / 84 ページ

厳しい現実


久しぶりに実家の母へ電話した。

「あっ母ちゃん? 私……」

呂律は回っていなかったが、すぐに私だと気付いてくれた。

「愛かい? 身体の具合はどう?」

母の優しい声に、涙が溢れた。

「いつでも帰っておいで、お前の家なんだから」

電話の向こうで、母もすすり泣いているのが分かった。

私は、夏の特別休暇を利用して、帰省する事にした。
駅まで父が軽トラックで迎えに来てくれた。ここは高校1年の夏までバス通学していた場所だ。16歳の誕生日を待って原付バイクの免許を取ってからは、あまり来なくなっていた。
道産娘ラーメン、大判焼き、かき氷……当時の店は今も営業を続けている。


更新日:2012-03-31 13:23:36

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook

私には、笑顔にしたい人がいる