• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 1 / 63 ページ

殺戮衝動編 第一章 前編

はむはーっ!

画面の向こうの皆こんにちはなのだ。
僕、ハム太郎なのだ!へけっ!


えっ?


今僕らは何をしてるかって?
ふふふ、聞いて驚くななのだ。

ふふふ、今日はクリスマスなのだ。
みんなでパーティーなのだ!

プレゼントを持ち合ってサプライズパーティーなのだ!

僕はもう楽しみで待ちきれないのだ!

「ハム太郎さぁん。何ひとりごと言ってるんですか?この辺りは足が滑りやすいから気をつけて歩いてくださいね……ってうわあー!」

言ってる側からこうしくんは足を滑らしちゃったのだ!

転んだ拍子に坂道を転げ落ちていくこうしくん!いや!跳ね飛んでいくこうしくん!

丸々とした体のせいなのかバインバインと跳ねながら落ちていくこうしくん!

そのさまがひどく滑稽で不覚にも笑みをこぼしてしまったのは誰にも言えない僕の秘密なのだ。


「こうしくーーん!大丈夫なのだー!?」
「だいじょうぶじゃないですよー!」

目をやるとこうしくんは断崖絶壁にしがみついていたのだ。

これはマズイのだ!
こうしくんを助けなきゃ!

「こうしくん!この植物のつるに掴まるのだ!」
「わ、分かりました!」

頑張って引き上げようとするのだけれど重くって全然引き上げられないのだ!

「こうしくん!ヒマワリの種を捨てて欲しいのだ!」

「そんな事できませんよぉ!これはお祝いに使う大事なヒマワリの種なんですよぉ!?」

「ヒマワリの種はまた探せばいいのだ!こうしくんの命の方が大事なのだ!」

「わ、わかりました!」
「今引き上げるのだ!」




「た、助かりましたハム太郎さん……ありがとうございます。なんとお礼をいえば……」

「とにかく助かってよかったのだ!急いで地下ハウスに向かうのだ!みんな待ってるのだ」



PM0:10

「それにしてもハム太郎さぁん。ここらへんは足が滑りやすいから気をつけて歩いてくださいね……ってうわあー!」

「こうしくーーーん!!」

また言ってる側からこうしくんは足を滑らしちゃったのだ!

坂道を転げ落ちていくこうしくん!
いや!跳ね飛んでいくこうしくん!

丸々とした体のせいなのかバインバインと跳ねながら落ちていくこうしくん!

途中錐揉み回転しながら凄まじい勢いで転落していく様がひどく滑稽で不覚にも吹き出してしまったのは絶対に誰にも言えない僕の秘密なのだ。

「こうしくーーん!大丈夫なのだー!?」


返事がない。


「あれ?」


おかしいのだ。


「こうしくーーん!」


返事がない。


僕は焦った。動悸がする。

こうしくんのただならない状況に狼狽える
僕は急いで崖を下りこうしくんのもとに向かった。



PM0:15

なんてことなのだ。
これはきっと助からないのだ。
お医者さんのところまではとても間に合わないのだ。
呆然と立ち尽くす僕にできること。

ないのだ……。

助けることが出来ないのだ。

黙って見てることしか出来ないのだ。


こうしくんが死ぬまで苦しむさまを見続けることしか出来ないのだ。


……そんな事出来ないのだ。

「こうしくん」

「ハム太郎さん……」

僕に出来ることは何なのだ?

僕に出来る唯一の事。

こうしくんをいっそ楽にしてやること。

僕は足下に落ちていた石を頭上に掲げ。

「今すぐ助けるのだ」

こうしくんの頭に叩き付けた。


PM0:20

僕はこうしくんを助けたのだ。
それしかなかったのだ。

僕は助けたのだ。
こうしくんを助けたのだ。

僕は、これからどうすれば?


あ、そうなのだ。


ハムちゃんズの皆も助けなきゃ。

更新日:2015-01-18 11:44:44

とっとこハム太郎 皆殺し大作戦でちゅ!