• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 163 / 770 ページ

魔の章

 石造りの天井を、ぼんやりと見つめる。
 もう何時間、こうしていたか知れない。
 まあ空腹も喉の渇きもさほど酷くはないから、何日も経っているということはないだろう。
 背中に当たる石から、冷たさが身体の芯へと滲んでくる。手足に回された鉄の感触にも慣れない。
 静かだ。
 室内には窓もないし、戸口には鉄の扉が嵌っている。
 小さく息を吸う。次いで、彼は細い声で歌い出した。
 あの青年ほど上手くはないが、どうせ誰も聞かないのだし構わない。

 暇なのだ。




「風竜王宮親衛隊……?」
 呟きが漏れる。
 親衛隊、と名乗った男たちは、こちらに向けて弓を引いたまま微動だにしない。
「残っていたのか。逃げろ、と言ったのにな」
 彼らに告げるつもりなのか、独り言なのか、オリヴィニスが零す。
「我らの先祖は、お言葉に従い逃げ出しました。逃亡して、そして、あの凄惨な状況を目の当たりにしたのです。あの地に貴方一人を残したまま。ご安心ください。彼らは、もう二度と逃げ出すな、と子孫に伝えております。我ら親衛隊六十名、一人残らず貴方の手足となりましょう」
 にこやかに笑みを浮かべ、イェティスと名乗った男が軽く手を差しのべる。
「とりあえず、つましいところではありますが、我らが拠点へお連れ致しましょう。こちらへどうぞ」
「悪いが、先を急いでいる。私たちを放っておいて欲しい」
 ばっさりと、オリヴィニスはその誘いを断った。
「勿論、皆様もご一緒で構いませんとも。武装は外して頂きますが」
 口元にだけ微笑みを残し、親衛隊長が続ける。しかし、その目は全く笑ってはいない。
「……ああ、国民性なんだな……」
 何となく諦めに似た感覚でアルマナセルが呟いた。
 十人ほどの戦士が、こちらへと近づいてくる。
 彼らは、ずっとグラナティスの決断を待っていた。彼が強行突破を命じれば、アルマナセルを先頭に、必ずそれを成し遂げただろう。
 だが、幼い高位の巫子は沈黙を続け、結果、一行は武器を取り上げられた上で岩山の奥へと案内されていった。


 辿りついたのは、小さな村だった。
 岩山の間に広がる僅かな空間に、煉瓦で作られた、平屋の家が建ち並ぶ。女子供の姿は見えなかったが、そこここから、細く、羊や馬の鳴き声は聞こえてきた。
 既に全員武器を取り上げられ、拘束こそされてはいないが、連行、という言葉が似合う状況にある。
 ゆっくりと進む先、村のほぼ中央に、一軒だけ、三階建ての建物があった。
「皆様、どうぞこちらへ」
 言葉だけは丁寧に、その正面玄関を開けて告げられる。
 グラナティスとペルルとが、馬車から降りた。
「貴公はこちらだ。〈魔王〉アルマナセル」
 そして、冷たい声が、仲間たちとアルマナセルとを引き離す。
 ペルルが、鋭く顔を上げる。
「イェティス」
 咎める様に、オリヴィニスが名前を呼んだ。
「あれを野放しにしておく訳には参りません」
 親衛隊長が、きっぱりと断言する。
「彼は、私たちの……」
「お立場を弁えください、オリヴィニス様」
 抗議の言葉すら、取り合うこともない。
「アルマナセル様……!」
 ペルルが、絞り出すように一言叫んだ。
 宥めるように、安心させるように、彼女に向けて笑みを浮かべる。
 そのまま、横目でグラナティスの様子を伺った。
 幼い少年は、こちらに視線を向けすらしない。
 とりあえずその意図を理解して、溜め息をつきながらアルマナセルは親衛隊に建物の横手へと連れられていった。

更新日:2012-12-06 00:02:16