• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 3 / 114 ページ

第一章 理解不能2

オリジナル:http://blogs.yahoo.co.jp/kome125



会社では新しい企画が、持ち上がっていた。


朝から部長がその企画を、社員に説明していた。


部長、「我が東横ビールでは、春季に向けて発泡酒そして、


生ビールの新しい製品を作りたい。


従い喉ごし企画として、生ビールの新たな改革をして行きたい所で、


企画を進めて行きたいと思いますが」と、


話は三十分程度続いた。


そしてリラクゼーションルームで、社員達が集まり相談である。


男性社員の企画担当、吉川 孝之が、「改革ねぇ、テレビコマーシャルの、


触れ込み見たいな事を言われてもな」と、塞ぎ込んで首を傾げた。


女性社員の伊川 恵美子は、「大分規格外で色々と、味を試験的に試して見ましたが、


今の時代はオーソドックスな味を、


ユーザーは求めてしまいがちです」と、嘆いた。


すると皆、頭を抱えた。


利奈、「キャッチフレーズと、


実際出した時のユーザーの反応はずれますね」と、答えると、


別の男性社員の、年配の垣田 智久が、「ビールの喉ごしは、


二杯目のビールから、ユーザーは味を判断するので、


テストは難しいな」と、腕を組んだ。


転勤して来た、近藤 智彦がここにやって来て、「意外と復刻版が受けるのですよ、


味は改良を重ねていて、現代ではまろやかに成っていますが、


創業当時の味でテストすると、意外と受けがいい、皮肉ですがね..」と、悩んでいた。


すると皆、頷いてしまった。


何気なく吉川が、「近藤さんは、あちらではどんな役割を、


していたのですか」と、尋ねると。 


近藤、「東横ビールの札幌支社で、麦芽の発酵成分などの研究に、


携わっていました。


その前は横浜のビール工場で、品質管理を任されていました」と、告げると、


女性社員の伊川 恵美子が突然、「結婚していらっしゃるのですか」と、問い掛けると、


周りは呆れて、「オイオイ」と、非難した。


近藤は頭を掻きながら、「いや、去年離婚してね、子供はもう二十歳です。


東京の大学に通っているんだ。


僕が息子の所に転がりこんだ形になったよ。


何しろ転勤が突然決まったものだから、住む場所もこれから決めようと思っている」。


恵美子は指を組んで、「チャンス、私も今彼氏がいないの、


背も高くてカッコいいし」と、微笑むと、


近藤は照れながら、「僕はもう中年のオジサンだよ、


どう見ても息子と年齢が近い子と、お付き合いしたら、


息子から敬遠されるよ」と、遠慮した。


利奈、「どう考えても、街を一緒に歩けば、危ない関係ね」と、呆れて言うと、


皆んなは大笑いであった。


恵美子、「でも45でも、25の私と結婚しても、


おかしくないでしょ今の世の中」と、意味有り気に答えると、


恵美子は強引に、近藤と腕を組んだ。


皆な非難して吉川が、「それは、何目的なのかな」と、問い掛けると、


利奈、「お金目的と寂しい時に、


何でも聞いてくれる甘え目的」と、中傷すると、


恵美子は怒って、「酷い、私そんなに都合のいい女に見えるの」と、訴えた。


その時、社員達は首を立てに振った。


恵美子は更に怒りが増すと、「いいわよ、最初に私が唾つけてやる」と、開き直った。


近藤、「この頃の若い女の子は、昔の男子と言う事が逆だね」と、呆れると、


利奈、「逆セクハラされますから、近藤さん気おつけて下さい」と、促した。


社員達はその時、苦笑いだった。


午後からは営業と、転勤して来た事の報告で、


関連会社達の挨拶周りを、する事に成った近藤であった。

更新日:2012-02-04 17:27:34