• 14 / 647 ページ

阿良田との出会い


とりあえず日にちは進み、クラス・・・否、寮発表の日が
やってきた。

『えー、テス、テス。ただ今マイクのテスト中~。はい、お集まりいただきました新入生の諸君、私はここデュエル・アカデミア・オリエント校校長、森羅 正義(シンラ マサヨシ)というものです。諸君には今から
オシリスレッド、ラーイエロー、オベリスクブルーの三寮に分かれてもらうために集まってもらいました。であるからして~』

こんなようなまるで意☆味☆不☆明な話が延々と続き、約1時間後ようやく張出によって発表された。

そこには・・・

城木 翼 オシリスレッド
羽川 燐 オベリスクブルー

と有った。

「・・・いやね?勉強できない時点でこんな気は・・・・してた・・・」

本気で気にしている様子の翼。

「まぁ、そのうち上に上がれるわ。気にしてもしょうがないわよ?」

「だよな・・・がんばる・・・。」

それまでは各自で自宅からここまで通っていたが、今日からは寮生活となる。

とりあえず荷物を運び終えた翼は空気を吸うために外に出ていた。

「はぁ~、疲れたぁ・・・」

「そこのあんさん、新入生かい?」

あくびをしていたところ、後ろから声をかけられる。

「うにゃ!?」

などと変な声を出したのは秘密だ

「わいはレッド寮の責任者をやっとる三年の『阿良田 信』(アラタ シン)や。よろしゅーな」

そういって手を差出してくる。

「あっ、俺は・・・じゃなかった自分は一年の『城木 翼』です。
よろしくお願いします。」

そういって手を握る。

「おぉ、あんさんが噂の『城木くん』かぁ。きいとるでぇ、なんでもラーイエローの五本指に入る『宇津呂木』(ウツロギ)を倒しはったそうやなぁ。五本指ゆーても五本目やけどな。」

はっはっはっと自虐的に笑う。

なんだこの先輩は・・・という目で見ていると、

「ならあんさん、わいとデュエルや。まぁ、歓迎デュエルってとこや。」

そういって切り出してくる。

もちろん断る理由もない。

「いいですよ!」

デュエルディスクを構える。

「いくで~。」

「いつでもどうぞ。」

「「決闘!」」

更新日:2012-01-21 22:15:30

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook