• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 25 / 377 ページ

3 出がらしの話

その日の夜、結衣に電話をかけたのは太郎の方だった。

外出できると思っていたが、許可が下りなかったと謝罪する。


「じゃぁ、会えないんですか、明日」

『ごめん。外出の許可が下りなかったんだ。明日ミーティングになってしまって。
こっちへ来たばかりなのに、いきなり欠席も出来なくてさ』


太郎は、本当に申し訳なさそうな声を出し、何度も『ごめん』を繰り返した。

結衣はそんな太郎の謝罪に、ため息が出そうになる気持ちをグッとこらえ、

あえて明るい声を出し、それは仕方がないことだと逆に励まそうとする。


「仕方ないですよ、仕事ですから。それに、今回は『棚からぼた餅』なんです。
会社のお金で、葛西さんにも会ってこようだなんて、ずうずうしいってことですよね」

『あのさ、グラウンドに来てくれないか?』

「グラウンド? 私なんかが、行ってもいいんですか?」

『あぁ……もちろん。俺も橋本に会いたいし……』





『会いたい』





結衣はその言葉を聞き、じわりと浮かぶ涙を、

そばにあったティッシュでそっとぬぐった。

更新日:2011-12-07 19:38:21