• 4 / 89 ページ

第3章

部屋から出てみるとそこには木々が生い茂りまさしくジャングルと呼ぶにふさわしい
光景が広がっていた。

「僕は絶対に負けない。」
僕は木々をかき分け奥へと進んだ。

歩きながら紙に書かれたルールを確認する。
『ようこそ、方形空間(キュービックルーム)へ。
この部屋のルールは簡単。ほかのプレーヤーを倒せば次のステージへ。
もしくは最後まで残った方も次のステージへ進めます。
もちろん倒すといっても実際に死ぬわけではありません。
意識を失えばその時点で倒れたということで現実世界に戻されますし、
ここはいわゆる仮想空間。この部屋で起きたことは現実世界には還元されません。
ですからたとえ死んでしまったとしても今までと同じ生活が待っています。
続いては戦いの舞台となるこの方形空間の説明です。
広さは3キロ四方。ここには三つのエリアがあり
木々が生い茂る『フォレストエリア』
海と砂浜で構成される『ビーチエリア』
コンクリート舗装された『ノーマルエリア』
この三つです。
プレーヤーはそれぞれ別々の位置に配置された
スタート地点から始めます。
最後に武器の説明です。
みなさんには一人にひとつづつ特殊な能力が与えられています。
自分の能力を確認したい人はこのルールを読み終わったあと
裏面を見てください。能力の詳細が記載されています。
以上で説明はおわりです。頑張ってください。』

・・・ほかの人の能力はわからないが間違いなく僕の能力は
強い部類に入るだろう。
この力で僕は勝ち残ってみせる。

更新日:2011-11-08 23:47:41

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook