• 25 / 239 ページ

episode7 怒涛の叫び①


そして俺たちは飛田がいると思われる部屋の前に着いた。

「ここから先、何が起こるかわからねぇ。」

落田は言った。

「テメェ等の命の責任までは持てねぇからな?」



「「そんなの承知の上でだッッッ!!!」」



俺とトモは大声で怒鳴った。

「やっぱお前らおもしれーわww」



そして俺たちはその部屋の扉を開けた。





episode7 怒涛の叫び①

―刹那的瞬間―





目的はもう目の前にいた。

数時間前に出会った人物。

3人。

飛田蘭。
紅雷(こうらい)。
もう一人は別な奴だった。



「ちっ、外れかよ…」

落田がそう言った次の瞬間、

「我々、外れ…違うッ!!!!!」

紅雷が落田に向かって突進した。

ドッ!!!

あまりにも一瞬のことだったため落田は吹き飛ばされた。

「落田ッ!?」

俺はそう言ったすぐ傍には得体の知れない謎の知らない奴がいた。

フードを深く被っている。

「テメェ・・・・、」

その男は俺の顔に向けて拳を当てに来た。

ガッ!!!

それに合わせて俺はターボ・ソードを当てた。

「不意打ちとはいい度胸だなテメェ!」

俺がそう言ったら目の前に存在するその謎の男は顔に笑みを浮かべていた。



「ミオを返せよ飛田ァァ!」

トモの相手は飛田だった。

「なんだ、相手は落田じゃねぇのかつまんねぇのw」

その発言がよっぽど気に喰わなかったのかトモはブチ切れた。

「ミオはどうしたんだよクソがッッッ!!!」

トモは悪魔ノ剣を飛田に向けて振り回した。

「ぉわっ!?」

飛田は油断していたのか、その力を抑えきれずに吹き飛んだ。

「ミオを返せよぉぉぉぉぉぉぉおおお!!!!」

トモはずっと飛田に叫び続けながら己の剣を振った。



そして戦いは三つに分かれた。

更新日:2011-12-03 13:29:35

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook