• 136 / 365 ページ

22回目の誕生日

その日も仕事だったけど
思ってた以上に早く終わり
私は時間を持て余す事になってしまった。

毎年誕生日は祐ちゃんが一緒に過ごしてくれていたけれど
今年からは、そうはいかない。

改めて一人でいるのは寂しいと思った。

佳奈子もそういう時に限って忙しく…今年は社員旅行の実行委員になってしまったという話で
月末からずっとミーティング続きらしい。

街をフラフラしながら
思い切って前々から欲しいと思っていたコートを
自分への誕生日プレゼントとして買った。

いいよね…一人で過ごすんだから。

そのくらいしてあげないと
自分が可哀相に思えて仕方ない。

けれど、それにしても寂しい…淋しすぎる。

誕生日を一人で過ごす事がこんなに寂しいとは…

それでも時間は余り
でもこのまま家に帰るのも嫌で
私はどうしようか駅のホームで悩んでいた。

電車を3本見送った時
ふと…思い出した。


そうだ!
あそこなら多少忙しくても一人にならなくて済むはず!!

更新日:2011-09-12 00:08:44

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook