• 112 / 365 ページ

噂の影響

休みが明けて会社へ行くと
あからさまに私を見る目がおかしいのに気付いた。

特に女子社員。

それまでが気に留めなさ過ぎただけなのかもしれない。

それにしても…全然雰囲気が違う。

私はその嫌な感じの視線に気付かない振りをしたまま
何かあったのか思い出しつつ
営業の事務所に入った。

入口付近の2課に挨拶をして通り過ぎる時
ものすごい勢いで河野さんが私を睨んでる事に気付いた。

な…なんなの?
なんで私そんな目で見られないといけないの?

一瞬その視線に怯んだけど
負けないように“おはようございます”の意味で笑顔で返す。
もちろん、いつもの営業スマイル。

3課まで来ると
緊張も多少解け、胸を撫で下ろした。

ここは一番奥だから何も気にする事はない。

週明けで誰もいなくて
心細い気はしたけれど
それでもあの好奇な視線をここならば感じなくて済む。

更新日:2011-09-11 02:34:40

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook