• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 8 / 166 ページ

シン

「おはようございます!」
「ごくろうさんっス!」

事務所にはいると、ドスの効いた声や妙に甲高い声の合唱が洋一を迎えた。
無言で挨拶を受けながら、個室となっている自分の執務室のドアを開けて中に入ると、どっかりとデスクに陣取った。

結局あのあと、ゴミ回収車の夕焼け小焼けのメロディが聞こえてくるまで、女装して遊んでしまった。
そしてベッドに倒れこんでさっきまで寝ていたのだが、身体がまだだるい。
一晩で五回戦連続でエッチしたようなけだるさである。
一日一回は事務所に顔を出す決まりなのでしかたなくやってきたが、すぐに帰るつもりだった。

一時間ほどここで時間をつぶしてから出ようと考えたところで、また恥骨の辺りがソワソワしはじめた。
うっと思わずうめき声が出て、洋一はあわてて口に手をやる。
----- 一晩だけって約束だったのに・・・・・ なんでまたあそこにいこうとしてるんだ、俺?
いったい誰にそんな約束事をしたというのだろう。
しかもこのセリフの40%ぐらいは、すでに女性化している。

洋一の額を脂汗がおおったとき、ドアがコンコンと控えめにノックされた。
瞬時に極道モードへと移行して、低い声で応える。
「おう、はいれ!」
「失礼します」
組事務所に似合わぬ上品な声がして、男がひとり入ってきた。

洋一の付き人兼ボディガードの見習い組員・冴島 心(さえじま しん)だった。

「兄貴、お茶をお持ちいたしました」
そういって冴島は、馥郁な香り漂うカップを、音も立てずに洋一の目の前に置いた。
「おっ、ありがとよ」
こう答えてカップに手をのばすと、綺麗な夕日の色をした液体を口にした。
----- うまい・・・・・・ やっぱシンの淹れてくれた紅茶は一味ちがう
目を閉じてそう洋一は思った。

シン。
二人だけの時、彼は冴島をそう呼ぶ。
そして冴島も洋一のことを「兄貴」と呼ぶ。
急いでまた断っておかねばならないが、この二人の間にその道の関係はない。
今までの洋一を見ているから「兄貴」という単語が妖しく聞こえてくるだけで、どちらもノーマルである。
いくら言ってもみんな自分のことを「二代目」と呼ぶし、そしていくら頼んでも今までの付き人は紅茶を旨く淹れてくれなかったが、シンは違う。
それに言葉遣いも丁寧で優しく、不必要に語尾のあたりに、ッとかスをつけないところも気に入っている。
つまり洋一にはピッタリなのだが、ヤクザにはまったく向いていない男。
それがシンだった。




更新日:2011-07-17 21:50:57