• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 26 / 166 ページ

兄妹

牛島騒動からしばらくたったある日。
いつも通りに事務所にやってきた洋一は、デスクに陣取ってゆったりとシンの淹れてくれた紅茶を楽しんでいた。
あの騒動の翌日、持病の痔が急に悪化した父・義隆の代参として神戸に行っていた洋一は、ひさしぶりに女装ができるとワクワクしている。
ひさしぶりといってもわずか一週間なのだが。

----- 今夜はなに着よっかなぁ。メイド、チャイナときてるから、次も定番の和服? いやでも、和服は髪をアップにしなきゃ決まんないし・・・・・・

そんなことを考えている目の前で、お盆を片手に、シンが沈鬱な表情でたたずんでいる。
「おうシン、どした。なんか話でもあんのか?」
「いえ・・・・別にありません。失礼します」
表情を消してシンは、いつもの丁寧な礼をして部屋を出て行った。

「なんだあいつ・・・・ 妙な顔してたな」
そういぶかしみながらも、洋一がティータイムを再開しようとカップに目を向けたとき、デスクの先、ちょうど入り口とのあいだの床になにか落ちているのが見えた。
何気なく立ちあがって手にとってみると、それは毎週この街で発行されているタウン情報誌だった。
シンが落としていったのかと思いながら、興味がわいて中に目を通してみると、ほとんどが店舗のPRやクーポン券で占められている、どこにでもあるパンフレット風の冊子だった。

紅茶を口に運びながら、何の気なしに後ろのページの占いなどを見ていたが、つまらないのでもう一度パラパラとめくって捨てようとしたとき、大きなあおり文句とスナップ写真が目に留まり広げてみた。
その途端、洋一の口からダラダラと紅茶がこぼれだした。

           「WANTED!
                 ワルと戦う 戦闘コスプレお姉様!」

大きなゴシック体でそう書かれた下には、スリットから白い足を覗かせて駆け去る、真紅のチャイナドレス姿の自分がいた。
そのまた下に小さな活字で、洋一がこれまでに起こしてきた事柄が克明に記事として書いてあり、末尾の言葉はこう結ばれていた。

「この女性の情報を編集部では求めています。ささいなうわさでもOK!電話・FAX・メール等でお送りください」

ジノリのティーカップを持つ手が震えているのを感じながら、洋一は口中の紅茶を全部吐き出してそこに立ち尽くした。

更新日:2011-11-22 23:03:24