• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 18 / 166 ページ

その日、玲(れい)は通っている女子高で奇妙な噂を耳にした。
放課後、帰り支度をして、自分が記事を書いているタウン誌のネタ集めに街へとでようと考えていたら、まだ居残っておしゃべりしていたクラスメイトの話が聞こえてきた。
また彼氏とかの話だろうとは思ったが、新聞部平部員-----だが実は部長を影であやつる真の支配者-----玲の記者本能がつい発動して、聞き耳をたてた。

「あたし昨夜、すんごいの見ちゃったぁ」
「なによ、またしょうもないことでしょ?」
「ちがうってば。あのね、戦闘メイド見たの、あたし」
「はぁ? それってアニメかなんかの話?」
「だーかーら、ちがうって!リアルのお話。
あたしメイコたちと夜中までカラオケいってて、そんで2時くらいだったかなぁ、アーケードの裏を通って帰ってたわけ。
そしたら西商業のヤン姉たちがいてさ。うわっヤバって思ったら、先に絡まれてる人がいて。
それがメイドさんだったんだけどね。
まきこまれんのイヤだったから、かくれて観てたの。
そしたらなにやったのかわかんないんだけど、西商のヤツらワーッて逃げ出していなくなっちゃったの」
「それって、メイドさんがなんかやったわけ?」
「うーん、そこまではわかんない。でね、あたしなんかおもしろそうって思って、そのメイドさんの後をつけたの。そしたらその子が国道に出たとこで、ハルオさんとこのチームが走ってきて」
「うわっ、あのタチ悪い人?」
「そそっ。たぶんあれはあの子さらってなんかする気だったんじゃないかなぁ。みんなバイク止めておりてきて、メイドさんかこまれちゃったの」
聞かされている子は、鼻息も荒く顔を近づけて、話の続きをせがんだ。

「そしたらメイドさんが暴れだして大乱闘!めちゃくちゃ強いんだって、それが。たぶん空手か拳法だねあれは。で、ハルオさんたち秒殺!」
「なにそれ、ほんとに女の子なの?」
「うん。女装子であれだけきれいな子はいないとおもうから、女の子だと思う。で、全員やっつけちゃって、そのうちにヤっちゃんまで出てきて大騒ぎよ」
「え、ヤクザも返り討ち?」
「ううん、さすがにそれはないよ。ヤっちゃん出てきたとこでメイドさん逃げちゃっておしまい」
「ふーん・・・・ まぁ作り話にしては面白かったわ。漫画に描いたらまた見せて」
話を聞いていた子は、ニヤニヤと笑って立ち上がると、教室の出口の方へと歩き出した。
「なによー、それ!ちがうって、マジ話なんだってばー!」
しゃべっていた子も、怒りながらそれについてゆく。

肩越しに顔をむけて二人を見送って、玲は考えた。
----- ほんとかな? たしかあの子、漫画描いてるっていってたからネタなのかも。でもダメ元で今夜さぐってみるかなっ
机の上に置いていたスポーツバッグを拾い上げると、玲は軽い足取りで教室を後にした。

更新日:2011-11-22 22:15:41