• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 13 / 166 ページ

お散歩

その夜、母のマンションに来た洋一は、昨日とは別のメイド服を着て鏡の前に立っていた。

昨夜は黒。
そして今夜は黒を基調に白いエプロンが強調された、本格英国風ハウスメイドであった。

----- 母さん・・・・・ なぜあなたはこんな物を持ってたんですか?
10年前といえば、東京は秋葉原でようやくメイドブームが隆盛し始めた頃だろう。
なのに凛はこの地方都市に住みながら、何ゆえこんな代物を、またどこで手に入れたというのだろう。

自分の知らなかった母の一面に、洋一はマリワナ海溝をダイブしてのぞいたような戦慄を感じて身を震わせた。
だが、何者も恐れる必要の無いヤクザの彼を、それ以上にビビらせていたのは、内なる自分からのメッセージであった。

----- 出ちゃえ・・・ そのままの格好でお外を散歩しちゃえっ!
内なる者は、彼の脳内にダイレクトにそう語りかける。

あの日から自分の中に魔性が宿ってしまった、そう洋一は感じていた。
そいつが耳をふさいでも、目をつぶっても、ずっとささやきかけてくるのだ。
----- 絶対にバレないってっ。夜だし、コスもメイクもカンペキだし!
なぜか内なる魔性の声は、うら若い女性の声であった。

それはさておき。
あくまで自分基準だったが、割とよく似合っているのもまた事実。
それに、なにより外へ出たいという欲望は、檻から出された獣のように凶暴で押しとどめようが無い。
理性と言うか細い手綱が切れるのは、もはや時間の問題であった。
洋一はなんとか気を静めようと、キッチンにあるバーカウンターから無造作に酒瓶を選んでつかみ取ると、そのまま口をつけて一気に飲んだ。
そしてすぐに豪快に吐き出した。
洋一の口は、まるで農家のスプリンクラーにように、アルコールを霧と化して部屋中に撒き散らす。
「ゴホ、グホ、ゲホ、グハハハッ」
あらゆる擬音を並べながら、咳き込んで、床に膝をついて苦しむ。
手放されて転がった酒瓶のラベルには、「スピリタス」と書いてある。
それはアルコール度数96°と言うウォッカであった。
もはや酒ではないと思われるそれを、吐き出したとは言え、ボトル半分は一度胃の中に納めてしまっている。
おまけに今日は、シンの淹れてくれた紅茶以外は何一つ口にしてはいない。
すぐに強烈な酔いが全身に回ってきた。
洋一は腰が抜けてしまい、そのまま床にへたりこんだ。

「あ・・・あははははははっ」
女装の快感にアルコールの多幸感が加わって、ヘラヘラと笑い出す。
お出かけストップ作戦はこれで成功かと思われた。
----- この調子で酔いつぶれてしまえ!
メイド洋一は、あらゆる酒を棚から出してきてグラスに注ぐと、とっかえひっかえ飲み始めた。
バーボン、ラム、ウィスキー。焼酎に泡盛、紹興酒。
凛のアルコールギャラリーは、場末のバーなら軽くしのいでしまうくらいのラインナップだった。

そうこうする内に、アイライナーでパキッと決まっていた目がとろーりと緩み、シャドウを塗ったまぶたが下がってくる。
そうなると、今まで涼しげだった瞳が、なんだかエロティックなものへと変化してきたように洋一には思えてきた。
なんとこの男は、小さな手鏡を手に、己の顔を肴に酒を飲んでいるのである。
わずか二日という短い期間で、洋一は完全無欠の変態さんと化してしまっていた。

「う・・うふふふ・・・・あははは」
よかれと思ってやったアルコールで撃沈作戦は、別の効果を表し始めていた。
ドキドキを落ち着けはしたが、同時に理性をも眠らせてしまっていたのだ。
なぜなら、笑い声が女性化している。

「行っちゃおっか?」
心の中でつぶやいたつもりが声に出ていた。
もう完全に染まってしまっている。

「行っちゃえーっ!」
内なる魔性の声も、言葉となって口から出た。

洋一はフラフラと立ち上がると、揺れながら玄関へと歩き、豪奢な彫刻の施されたシューズボックスを開いた。
ずらりと並ぶ靴の中から、茶色い編み上げブーツを取り出して足に突っ込んだ。
お約束のようにそれはピタリと彼の足に収まる。

もう縛るものなどどこにも無い。
洋一は勢いよくドアを開けると、羽ばたくような足取りで、部屋を出て行ってしまった。





更新日:2011-11-22 19:31:45