• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

  • 10 / 166 ページ

彼女たち

ジリリリリーン! ジリリリリーン!

事務所をでたところで、洋一のケータイが古風な黒電話の着信音を奏で出した。
でると、彼女たちの一人である真子の声が聞こえてきた。

「洋ちゃーん、今夜ヒマぁ?」
「おぉ、あ・・・・・」
空いてると言おうとしたとき、ちらりと母の部屋が脳裏をかすめ、口ごもる。
「あーぁぁぁ・・・・ あかんわ、仕事やねん」
「ちょっと! その、あーの間と関西弁はなんなのよ」
甘ったるかった真子の声のオクターブが下がる。
「いや、さっきテレビで観た芸人のしゃべりがうつっちゃって」
「・・・・・なんかあやしいね。洋ちゃんテレビきらいじゃん」
もっと声が低くなった。
バカで能天気なキャバ嬢なのに、こういうカンはなぜすぐ働くのか、と洋一は舌打ちしたくなる。
「ほかの女の人とかじゃないでしょうね?」
「バッカ、ちげーよ。なんでそうなるわけ?」
「だって、今日の洋ちゃんなんかいつもとちがう。かわった気がする」
「だから、なにそれ?」
「カン。でもなんかゼッタイかわった!好きな子できたの?」
意味はまったく違うのだが、変わったというところは的を得ている。
洋一自身は決して認めないだろうが。

言いよどんだ洋一の耳に、殺気が送り込まれた。
「・・・・今から洋ちゃんの部屋いく。帰るまでずっと待ってるから」
うっ、とうめき声がでそうになって、洋一はあわててケータイを遠ざけた。
顔と身体は超一流だが、頭の中がお花畑の真子は、とても嫉妬深く、一度うたがいをもったことは全て明らかにしなければ、延々とそれを言い続けるのである。
なので、ぜひとも今は会いたくなかった。

----- や、ヤバい!部屋に帰れないとなると、あの部屋にずっといなきゃいけなくなる
そうなると、もうこちら側へは二度と戻ってこれない気がして、洋一はぞくっとした。

それにいつまでもシンの送迎を断るわけにもいかないから、マンションの存在も組にバレてしまう。
まだ初秋だというのに、まるでサウナに入っているように汗がドッと吹き出てシャツを張り付かせた。
「あはははは。まったくなにいってんだよ、おまえ。ちげーってば」
力なく笑いながら、洋一は考えた。

とりあえず今夜は部屋に帰って真子の誤解をとこうか。
しかし、妙にカンだけはいいあの娘は、自分の変化の理由を察知してしまうかもしれない。
そうなると破滅だ。

「わ、わかった!ちょい仕事まで時間あっから、今から会おうぜ」
「・・・・・」
「なんだよ、まだうたがってんの?しょうがねぇなぁ・・・ じゃ、これから信じられるようにしてやるよ」
これから・・・・の後に続くセリフに艶をもたせて、洋一はケータイに吹き込んだ。
力技で行く気だ。
真子は野生児だけにエッチが好きだった。
「あ・・・ じゃあいまからいつものホテルのラウンジいくね」
真子の声が一瞬で甘いものに戻った。
成功である。
洋一はニヤリと笑うとガッツポーズを決めた。
「おお、早くこいよー。あと、シャワーは浴びずに、な」
「イヤーン、洋ちゃんのエッチ!」
エッチはてめぇだろうが、と心の中で突っ込んでおいてから、洋一は二言三言はなしてパチンとケータイを閉じた。

「兄貴、お車出しましょうか?」
急に耳元でシンの声がして、さすがの洋一もびっくりして、ヒッと悲鳴をあげて飛びのいた。
「申し訳ありません・・・・・ おどろかせてしまって」
「し、シン! おまえ気配消しすぎだって!」
「失礼しました。お電話の邪魔かと思って控えておりましたので」
シンはそういって軽く頭をさげた。どことなくいつもより慇懃無礼な感じがした。
その仕草をみて洋一はハッとした。
----- こいつ、電話の相手が真子ってことも、その内容もわかってやがる!
そう気がつくと、さすがに気味が悪くなった。
「車を回してきますから、少しお待ちください」
くるりと優雅にターンして、足早に去ってゆくシンの背中を見つめながら洋一は、「きっとシンは忍者の末裔かなんかに違いない」そう真剣に思うのだった。


更新日:2011-07-18 18:30:39