• 16 / 575 ページ

菅総理の何が悪いのか

まあ、ここで政治です。
「菅おろし」が少し政局でありましたが、なぜ菅さんがここまで嫌われるのか。
答えは簡単です。
「悪いことは何一つしていないからです。」
大人しすぎる。
官僚のいいなり。
原発。
何もしなかった。
いや、わかっています、菅さんは頭の中ではいいことを考えていると思うんですよ、ただそれが総理大臣というワルな仕事に向いていないということなんです。
政治家の仕事なんてワルじゃないとできないですよ。
法律のワルさというのは言葉で人をシメつけることなんです、これは善人はできないことなんです。
小泉純一郎はワルかったから具体的に郵政民営化を通したんです、しかし菅さんは善人だから何も通さない、考えているだけで何もしようとしなかった、このままだと日本は潰れてしまう・・・辞めてもらうしかない・・・と国会で問題になったわけです・・・
そういうわけで菅さんは善人なんですけど、ワルい世の中でワルい政治ができなかった人なんです。
「ワルさのなさ」が菅総理の最大の問題なんです。
わかるでしょう?

更新日:2011-06-28 20:08:34

  • Twitter
  • LINE
  • Facebook