• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

汗かきベソかき震災日記 ―東日本大震災―の感想

お名前

全角で10文字まで

感想

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2012-01-30 21:39:36

晶 零 様

レビュー&評価をありがとうございます。^^
「日常の大切さ、忘れてはいけないもの」。
日々の生活の中で、どうしても忘れがちなことって沢山ありますよね。
何気なく通り過ぎてしまう毎日の小さなことが、とても愛おしく思えるようになりました。
普通のことが、大事なことだったりするんですよね。
読んでくださって、ありがとうございました♪

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-09-15 01:18:12

ワタクタクル2号様、はじめまして。(*^-^*)

おかげ様で、なんとか元通りの生活に戻ることができました。
震災中の出来事は、今思い返しても悪い夢を見ていたような感じで…。

ボランティアをされていたのですね!私からもお礼を言わせてください。本当にありがとうございました。
私なんかは、テレビで毎日映し出される瓦礫になった街の無残な様子に、ただただ手を合わせるしかありません。。
そうですね、友人や家族など身近な人達に伝えていくことも、次の震災の被害を最小限に食い止めるためにも必要だと思います。
今日も悲しい話をテレビで見て、心が潰れる思いでした。私の経験したことなど、多くの大切なものを失ってしまった方達に比べたら何てことないと思いました。
私も、これからも自分に何が出来るか考えていきたいと思います。

読みにくい部分もあったと思いますが、読んでいただけて本当に嬉しいです。
こちらこそ、温かなコメント、そしてレビュー&評価をもくださってありがとうございました♪

  • 投稿者:ワタクタクル2号

  • 投稿日時:2011-09-14 00:34:08

はじめまして。

ただただ書いてくれてありがとう、と言いたいです。
読んでいて、自分ももっと(出来る範囲で)行動しないといけないなと思いました。
麻里葉論さまの生活は、今ではだいぶ元通りになったのでしょうか?

自分は震災当時、福井にいたので被害はなかったのですが、
7月に一週間ほどかけて宮城県の気仙沼市にボランティアに行ってきました。
海沿いの風景は、現実とは思えないくらいの有様で、
現地の方たちの言葉は、胸にずしんと残るものがありました。

ボランティアでできることは、本当にちっぽけなことでしたが、自衛隊の方々、ボランティアセンターの方々、現地の方々、また一緒に行動したボランティアの方々の行動や心遣いがすごく暖かく感じた一週間でした。自分のためにも、行ってよかったと思っています。

社会福祉センターのリーダーの方が
「現地の様子を自分の目で見て、自分の友人や家族に伝えていくことも大切」
と言っていました。そうだなあと思います。

これからも、少しずつ、無理のないように行動していけたらなと思います。

辛い体験談を書いてくれて、本当にありがとうございました。

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-07-29 22:49:53

雪乃嬢樣、こんばんは。

コメントをありがとうございます。(*^-^*)
震度5強という強い地震に遭われ、雪乃嬢さんも怖い思いをなさったと思います。
信じられないような甚大な災害を体験し、私達はその威力に成す術もなかったと思います。私も雪乃嬢さんと同じで、節電や買い過ぎないことなど、小さなことくらいしかしていないです。
どうしても、直接被災した方達の為に何かをしていないと、「これしか出来ない」という歯がゆさを感じてしまいますが、出来る範囲でのことをするだけでも良いと思います。それぞれが出来ることをやりながら、少しずつ復興に向かっていけると信じます。
私は無宗教ですが、被災地の方を思うという行為そのものに、とても意義深いものを感じます。
人が人を思う心は、必ず何かの形で届くのではないかと思います。
共に無理なく生きていきましょう!
読んでくださって、ありがとうございました♪

  • 投稿者:雪乃嬢

  • 投稿日時:2011-07-29 15:03:58

 とても、考え深いものでした。私の住む街にも、震度5強の揺れがありましたけど…
でも、何事もなく過ごせましたけど、計画停電とかそう言った事しか出来ませんでしたけれど、被災者さん達の事を考えるととても、悲しい事だと思っています。我が家は我が家なりの節電とかで震災者のみなさんに少しでも笑顔が戻って来て欲しく思いエアコンは、日中使わない。とかその程度の事しか出来ないで居る自分達に歯がゆい気持ちで毎日を送っています。

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-07-04 00:03:45

紫乃mizuno様

レビューと評価をありがとうございます。
普通であることが、いかに有り難い奇跡だったかということに気づかされました。震災に遭わなければ気付けなかったかもしれないです。
読んでくださって、ありがとうございました。^^

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-04-28 21:56:06

ビリーバーさん、こんばんは。

コメントありがとうございます♪
ボリューム的にも読むのが大変だったのではないかと思いますが、読了してくださってありがとうございました。
避難所で暮らす方達の事を思えば愚痴も言っていられないと思いましたが、自分なりに感じたことを残しておきたかったのです。
当たり前な生活・普通の日常がどれだけ有り難いものだったかを、震災を通して痛感させられました。そして、人は支え合って生きているのだと今更のように気づかされました。
人間は自然の前には脆い存在だけれど、命ある限り自分の出来ることをしていきたいものですね。
私の方こそ、いつも本当にありがとうございます。^^

  • 投稿者:ビリーバー

  • 投稿日時:2011-04-28 12:02:00

葉論ちゃん、こんにちは。

いま、最後まで拝見しました。
改めて、本当に大変な思いをされましたね。
そして、いましばらくの間、いろいろとご不自由なことも多いかと思います。

でも、葉論ちゃんが今回の震災で感じられた様々な思い・・・決していい思い出ではないとお察ししますが、それでも感じられた”当たり前のありがたさ” ”人間の脆さと共に、人を思いやる人間の深い優しさや強さ”  など、リアルな思いが色濃く伝わってきました。

うまく言えないけれど、一言だけ・・・ありがとう、葉論ちゃん。

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-04-21 23:46:29

そらさん、こんばんは♪^^

最初は、「自分の為の日記としてテキストファイルにでも入れて残しておこう」くらいに考えていたのですが、もし私のこんな文章でも何か少しでも参考にしていただけることがあればとも考えて、アップすることにしました。

起きてしまったことはもう元には戻せなくて、最終的には前に進むしかないんですよね。…でも、その時期はきっと人それぞれで、立ち止まって考える時間が必要な方もいらっしゃると思います。
「何かしたい」という思いが、毎日を明るく過ごせる原動力になるといいな、と思います。私も無理なくできることをやっていきたいです。

いろいろ読みにくい部分もあったと思いますが、読んでくださり、評価までいただけて本当に嬉しいです。
ありがとうございました♪

  • 投稿者:葵 そら

  • 投稿日時:2011-04-21 21:49:35

麻里葉論さん、こんばんは^^
貴重な体験記録、読ませて頂きました。
落ち着かない状況の中、このような作品を残すのは大変だったんじゃないかと思います。ありがとうございます。

読み終えた直後、すぐに感想を残そうとしたのですが、お恥ずかしながら言葉が見つからず、書き残すことができませんでした…。
時間を置いて感想を書かせて頂きに来たのですが、でも結局同じだったみたいです。
ただしっかり記憶しておきたいと思いました。
小さなことでも、継続して自分にできることをやっていきたいと思いました。

一人でも多くの人に読んで頂きたいと思い、恐れながら評価を入れさせて頂きました。

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-04-17 21:24:10

でっかい森の王子様

レビューと評価をありがとうございます。
「できることをしよう」という思いが集まると、きっと大きな力になると思います。私も、これからできることを考えていきたいと思います。
読んでくださってありがとうございました。

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-04-17 21:15:45

まりえるさん、こんばんは。

重い内容で読みにくい部分もあったと思いますが、読んでいただけて本当に嬉しいです。
身に起こった事実を、どこまで書くべきか書くべきではないかと考えましたが、出来るだけありのままに書きたいという思いが強くなって、このようなエッセイになりました。
震災、ライフライン停止という異常事態の中に身を置いたからこそ「生かされていて幸せ」なことや、普通にしていられることのありがたさを感じられたのだと思います。何も起こらなければ、気づくことが出来なかったかも知れません。
こうしてコメントをいただけることに感謝します。

  • 投稿者:まりえる

  • 投稿日時:2011-04-17 13:38:33

拝読させて頂きました。
ただただ圧倒されてしまって…。
感想なんて、おこがましくてとてもとても、本当に言葉が浮かびません。
あとがきの「今まで当たり前だと思っていたことは、ちっとも当たり前ではなかった」そして「自分は今生かされていて、幸せなのだと今更ながら気づきました」の言葉が特に心に残りました。

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-04-15 21:39:52

朱鷺さん、はじめまして。

船井幸雄さんはお名前のみで、あとは全く分からなくて恐縮ですが、ネットで少し調べてみたところ、心の内面など深い世界のお話を書いている作家さん達のようですね。
実は朱鷺さんの震災エッセイも少しずつ読ませていただいていました。
そのうちに感想欄にお邪魔させていただきたいと思います。

本当に今回の地震では、生きているというのはそれだけで奇跡なのかも知れないと思わされることが多いです。そして、私も絆というものの不思議さ、温かさ、有り難さを痛感しています。
共に無理なく頑張っていきましょう。
読んでくださって、ありがとうございました。

  • 投稿者:朱鷺(shuro)

  • 投稿日時:2011-04-15 16:52:23

麻里葉論さん、あとがきに共感いたしました。
最近、船井幸雄さんや小林正観さん、佐藤康行さんの著書に触れる機会があって、いろいろ考えさせられておりました。
昨年末から今年にかけて「生きている奇跡」というものを言葉にしてやたら考えており、どこか怖いような気がしておりました。
その途端のこの震災でした。
「朱鷺が呼んだんじゃないからね!」と思わず・・・。
できることを尽くして、生きていくしかない。
‘絆’を強く感じ、日本を愛せるようになりました。
ありがとうございました。

汗かきベソかき震災日記 ―東日本大震災―