La sua mano ha il mondoの感想

お名前

全角で10文字まで

感想

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-07-06 22:41:36

>シン様

こんばんは!

310Pは確かに前後の絵が暗い色なのに比べて、一枚だけ目立っている感じですね。
全く意識していなかったのですが、今画像の一覧を見て驚きましたw
気に入って頂けて嬉しいです(・∀・)
>活字だけの
いえいえ、活字だけだからこそ、活字に全力を注いでいるシン様の作品は
私とは比べ物にならないほど美しくていつも惚れ惚れしています。

>不穏な動き
裏で色々あるというのに、四コマが酷すぎて本編が台無し感満載でスミマセン\(^o^)/
むしろこの作品は小説がオマケで、四コマこそが本編なのかも知れません。
そんな四コマですが、楽しんで頂けているのであれば何よりです!

果たしてブラは無事、装着出来たのか!?お楽しみに!!(爆)
ありがとうございましたw

  • 投稿者:シン

  • 投稿日時:2013-07-06 15:31:10


 >314pまで

 前後の絵と色合いの違う310Pのレクチェさんの絵、淡い感じできれいでした!
 霞むように仄かに発光する姿を、どんな方法で書けばこうなるのかも解りませんが、きっといろいろ試行錯誤されながら、今日までたくさん勉強して来られたのだと思います。

 活字だけのシンとは、大変さが倍ですから。


 第一王子エマとレクチェの不穏な動きも気になりますが、彼らに対する復讐心を持つクラッサの行動も気になります。
 とはいえ、一番気になるのは、クリスは今もブラを――いっ、いえっ! 何でもありませんっ!

 4コマ漫画、笑えます!

 あちこちでシリアスやコミカルな動きが生じておりますが、クリスに癒されております(笑)。

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-06-29 21:36:04

>シン様

いらっしゃいませ!
302Pあたりとか、比較的初期に描いた挿絵の辺りで、
ペンタブに慣れていない頃の絵を見られるのが恥ずかしいです(悶絶)
(ってか、恥ずかしいのは文章じゃなくて絵なんだね!)

まさかの地図にそんな反応を頂けて驚きですw
すんごい簡易的な地図ですが、楽しんで貰えて良かった!

あ、でも、あまり恋愛の展開はご期待には沿えないと思いますorz
作者である私が「そういう性格ではない」故にどうしてもドロドロしないという……
ただ、当の本人達だけはキチンと?ウロウロ&やきもきしておりますので
その様子を生暖かい目で見守ってくださると嬉しいです(ええー)

母親の心のひん曲がり部分も、どちらかと言えば想像というよりは私の経験で
エリやんが思ったことを、私が実親に対して感じていないと言えば嘘になります。
与えているはずなのに、与えているのか求めているのかよく分からない……
かーちゃんってお節介な人、多いですもんね!(何)

ついに300Pまで読んでくださり、こちらとしても祝!な気持ちですっ
ありがとうございました!

  • 投稿者:シン

  • 投稿日時:2013-06-29 13:59:11

 >302pまで

 287Pの地図絵に感激!
 可愛らしい上に、面白い。地図なのに(爆)!
 シンも地図や部屋の間取りを考えたりするのが好きでした(って、不動産屋か!)。
 空想好きだったのでしょうね。

 それにしても、三角関係の修羅場になるのか(←なって欲しそう……)!

 >選択肢を間違えた結果――。
 それはもうイタイものでしょう。
 公妾が論外なら、あとはもうアレしかないでしょう。
 一国を担う者として、破談を選ぶことが出来ないなら、身分も何もかも捨てて、駆け落ち!
 いやいや、二人には駆け落ちの末の不幸は似あわない。
 やはり、この多角関係がさらに複雑に続いて行くことを……。
 玉砕が信条のエリオットさんも、さすがにクリスへの玉砕は堪えるでしょうから。

 それにしても、母の心とは時に……。

 300P記念4コマ漫画に祝!

 クリスもエリオットさんも、まだしばらく悶えそうです(笑)!

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-06-27 22:29:36

>如月玲様

初めましてこんばんは!
読んで頂けているかは分かりませんが、
レビューへの返信こちらで失礼致します。

丁寧に読んでくださったことが良く分かるレビュー
しかも☆5つ頂き、恐縮です><
特に序盤は読み取りにくいと思われる
恋情の部分もしっかり読み込んでくださっていて嬉しいです!
結末はああですが、せめて一度くらいは正面からぶつかってくれないと
読者様もきっともやっとしますものね(笑)
コメディの入れ込み具合はかなり悩んだ部分なのですが
邪魔していない、とのご意見を頂けてホッとしております。

私は当作品以後の小説は、このサイトではなくPixivで上げているため
書き手としてまた次の機会がありましたら、と言えないのがアレですが
読者として伺った際はよろしくお願い致します^^

本当にありがとうございました!

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-06-22 00:29:16

>シン様

いらっしゃいませこんばんは!
ついに第二部まで読み終えてしまったのですね(何)

あのあたりは確かに何がどうしたレベルでぶっ飛んでいた気がしますw
お手本……いますか?い、いませんね\(^o^)/

>食べ物をくれる人が良い人だよねェ
流石はシン様、大正解です!www
男女の仲はもちろん、人間関係の半分くらいは
食べ物で緩和出来るんじゃないかと思っております。(どんだけだよ!)
そのせいなのかな、クリスがあぁなってしまったのは……

>大人になったなぁ
そうです、そうなんです!
あの一歩はとても大きい、大人への一歩なのですっ!
でも私の偏見によりその歩みは寄り道しまくりますが
どうか見捨てないでやってくださると助かりますorz

ありがとうございました!

  • 投稿者:シン

  • 投稿日時:2013-06-21 22:00:35


 >286Pまで

 クリスの思考回路の混迷ぶり(え? 当人には明快?)には、すでにもどかしさを越えて、どことどこの回路が繋がっているのか、見て見たいような気分です(爆)!
 まずは人の恋愛を見て、我が恋愛を覚えるとか。
 近くにお手本はないのか……。

 >「クリスには表面を取り繕っていれば、皆良い人に見えるんじゃない?」
 ――なっ、何て失礼な。――食べ物をくれる人が良い人だよねェ、クリス?
 え? シンの方が失礼? ス、スミマセン!

 と思って油断していたら……。
 気付いた?
 気付いちまった?
 やっと気付いてくれたのか?

 お、大人になったなぁ、クリス……(しみじみ)

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-06-16 06:26:50

>シン様

補足ありがとうございます!
確かに度数自体は書いておりませんので気にするほどでは無かったのかも知れませんが
瓶の単位から想像してしまうため、そのあたりと一緒に直しました(笑)

しかし一瓶いく前にそうなってしまうとは、
だから量を知らない人が急性アル中などを起こすのかな?><
サ○トリーさんの親切なページも紹介してくださりありがとうございます!

こういった私の無知をツッコんで頂けることはとても助かります。
何しろ、かいたままの恥を直す機会を与えてくださっているわけですから
そりゃ真摯に対応しなかったら勿体無いことですよ!(笑)
今後もありましたら是非仰ってくださると嬉しいです。
きっとあるぞ~……(マテ)

いつもありがとうございます!
ではではっ!

  • 投稿者:シン

  • 投稿日時:2013-06-15 21:40:43

 言葉足らずな部分の補足に参りました。


 >私下戸なものでお酒のことサッパリなんですよっ

 いえいえ!
 死亡比率に関しては、指摘ではなく、現実社会でなら、という別世界比較の楽しみなので、手直しなど必要ない部分です!
 このリアル世界なら、体重60キロの成人男性で、一升瓶7~8合目……で昏睡、死亡が見えるというところですが、ファンタジー世界の異世界人体質では、アルコール度数、その他諸々を考慮すると、一人三本でこういう感じになるのか、という(笑)!

 リアル社会なら死んでるって! というただのツッコミでございます。

 感想への真摯なご対応、ありがとうございます。


 お酒は全く飲まれないとのこと。
 もし宜しければ、血中のアルコール濃度を計算できるサイトもあります。

 サ○トリーの「アルコール血中濃度を計算してみましょう」

 ご活用ください。


 それでは!

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-06-15 07:00:02

>シン様

おはようございますっ!
あのシーンでフォウに言わせた正論は、かなり私自身の価値観に近い言葉です。
ただまぁ私は彼より年上ですので、
そんな正論をあまり発するべきではないとも思っておりますがw
でも彼の状況でなら私も言うかな?><

>死亡比率
わー!wご指摘ありがとうございますっ!
私下戸なものでお酒のことサッパリなんですよっ
とりあえず多いという描写をしたかったのですが、教えて頂けて助かりまくります。
あのシーンはもう一つ修正したい部分があったので、
ついでに本数を修正しておきましたw
こういうのはすぐにやらないと忘れますからな……

>あの執事さん(笑)
優秀、なのですかねw
確かにアレとまともに接することが出来るという意味では超優秀ですよねwww
いえ、でもあれはただ単に鈍いだけという噂も(え?)

ラフな絵は、いわゆるただの手抜きとも言いますがorz
そう言って頂けると嬉しいです!
って、何か力強く言われた!∑(-x-)
絵が描けなくとも必要のないくらいの筆力がシン様にはありますから
何の問題もありませんよ。
私は、文も絵も半端で半端で……いや、これ以上は言うまいorz

感想ありがとうございました!

  • 投稿者:シン

  • 投稿日時:2013-06-14 14:41:55


>269pまで

 誰のために何を――。
 皆、随分と自分勝手――。

 いやあ、本当に正論は胸を抉ります(苦笑)。
 無邪気な善意は、最悪の……となることがあるように、一升瓶6本明けてしまいましたか。
 血中のアルコール濃度的に、死亡比率です(爆)!

 そして、もう一人の問題皇子の動向も気になります。
 それにしても優秀ですねェ、あの執事さん(笑)。

 ページごとのイラストも、いつも楽しみにしています。ラフな感じのものや、丁寧に色づけされたもの、どれを見ても飽きません。
 あれだけの枚数を書いておられるのに、同じような画がないのは、ただただ感心するばかりです。

 絵が描けない者の王道として、一方向、同じ表情ばかりの絵になってしまうという……。もちろん、ご披露はいたしません!(←力強く)

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-06-05 23:29:05

>シン様

気づかなくてすみません!
最近はあちらのログインのほうが多いもので><
私はファンタジーだけが好きってわけじゃないですから大丈夫ですよっ。

ご連絡くださってありがとうございました!

  • 投稿者:シン

  • 投稿日時:2013-06-04 16:26:21


 いえいえ、無理などは。
 逃亡者は、ソールとマーニの名前は出てきますが、全くファンタジーではないので、がっかりなさるのではないかと……。

 あちらにメッセしましたので、またご覧くださいませ!

  • 投稿者:那々

  • 投稿日時:2013-06-02 23:38:45

>シン様

いらっしゃいませ~
いつもありがとうございます!

いえいえ、逃亡者の件はこちらとしてもやはり
同じ題材のものがあるとなると気になるものですからw
その際はどうぞよろしくお願い致します。

>りんご
アレ、地味に私も気に入っておりますw
なので目に留めて頂けて嬉しいです(=ワ=)

>どこか切ない
そうですね、本当それ故にだと思います。
折角想っても、想い過ぎては重くなる、という難しい部分です。
本当ならば同等に見ることこそが丸く収まる秘訣だと個人的には思います。
ケーキは確か、執筆当時に自分が食べた物だった覚えが(爆)

>息継ぎ
書いている本人がしんどくなるので、自然と交互に( ゚д゚)
レヴァの失礼さは、ラストまでずっと続きます!w

エマさんの台詞も、彼はほぼ全てを知っている人ですので
是非注目してやってくださいっ。

いつも感想嬉しいのですが、無理はなさらないでくださいね。
ではではっ(´◇`)ノ

  • 投稿者:シン

  • 投稿日時:2013-06-02 09:56:13


 255pまで

 いえいえ、『逃亡者』のことはお気になさらず! 『もう一つの……』まで行かないと名前の由来までは出て来ないですから。
 たまたま、シンが使った北欧神話の中の名前と同じものが出て来たので、嬉しくて口に出してしまっただけでございます!
 スル―してくださいませ!

 さて。

 なぜか、しゃくしゃくとりんごを食べている簡略化されたクリスの絵が可愛い……。

 それにしても、神にたてつく……ですか。
 お互いのことを考えるあまりの、どこか切ない章でした。どちらもきっと、自分よりも相手のことに重きを置いているからなのでしょう。
 普段の軽妙なやり取りとはまた別の一面で、反芻して噛みしめたくなる場面でした。

 そして、ブラウニー生ロールケーキが食べたい(シンは甘ものも辛いものも比較的OKです)笑。

 交互に来るゆるい部分と重い部分に息継ぎができるのがありがたいところです。


 >主人だと思っていなかったのでほとんど無視していました。こちらこそ申し訳ありません
 謝ってるのに、聞き心地の悪い言葉って(爆)!

 やっと出て来て、自分本位に(笑)話してくれた精霊の言葉や、最後のエマヌエルの意味深なつぶやき……。
 その続きを読みに、またお伺します。