• 作品を探す:

小説

携帯でもPCでも書ける!

いつかの風景の感想

お名前

全角で10文字まで

感想

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2015-06-06 21:24:17

加那様

だいぶ前に書いた作品でしたが、
読んでいただき、評価を入れてくださって、ありがとうございました♪

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-08-22 22:21:42

ビリーバーさん、こんばんは~♪
読んでくださってありがとうございます☆

あー、こんな詩も書いたっけな~と。久しぶりに読み返してみました。^^
きっと、今の自分が嫌で、何かを変えたかったのだと思います。
でも、けっきょく何処に行ってもそれは出来ないんだろうなーと。マイナス思考者のキワミかなぁ(笑)。
でもほんと、フラーッとただ旅に出たいなぁと思うことってありますよね。
昔の上司が、「若いうちに、旅行はしといた方がいいよ、そのうち自由がきかなくなっちゃうからね」なんて言ってました。その通りになってしまいましたよ。(笑)
森高千里の「風に吹かれて」、良い曲ですよね♪

  • 投稿者:ビリーバー

  • 投稿日時:2011-08-22 20:17:32

葉論ちゃん、こんばんわ。

「彷徨」を拝見して。
うーん、すごくよくわかる、その気持ち!
何をどうこうしようという訳ではなく、ただただ旅に出たい・・・そう思う時って、たまにありますよね(葉論ちゃんは、きっともっと深い意味を込められているのだろうとは思いますが^^;)
森高千里の「風に吹かれて」が聴こえてきそうです^^
それでは、また!

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-05-19 23:28:10

ビリーバーさん、こんばんは。

温かなコメントを、いつも本当にありがとうございます♪
震災から、あっという間に2カ月以上が経ちましたが、今日もまた余震があり焦りました。(>_<)
おかげさまで、私の方は震災前と同じように平和に暮らしています。家族も皆元気です。単一の電池がどこのお店もちょっと品薄、くらいなものでしょうか。。

皆さん同じかも知れないですが、夜に独りの状態になると、いろいろと考えてしまうんですよね…。でも私なんか恵まれている方です。先が見えない状態というのは本当に不安で辛いものだと思います。
確かにそんな時、「もう今日はここで終わり。何もかも忘れて寝よう…」と心の荷物や肩に背負った荷物を一旦置いてしまえたら、すごく楽になると思います。なかなか難しいことかも知れませんが、そんな感じのイメージがうまく出来たら、熟睡できそうですよね。

ビリーバーさんも、きっと大変な状態の中にいらっしゃると思いますが、時にはご自身をいっぱい甘やかしてあげてください。お互い、頑張りすぎず過ごしましょう。
ではでは、また!(*^-^*)

  • 投稿者:ビリーバー

  • 投稿日時:2011-05-19 17:00:25

葉論ちゃん、こんにちは。

ちょっと順番が違いますが、「いちにちの終わり」を拝読させていただきました。
人生は、振り返ればあっという間ですが、その真っ只中にいる時は、非常に長く感じることもあると思います。
ましてや、いろいろと大変な状況にある中では、これからの道のりを考え過ぎて、途方に暮れることもあるかもしれません(私自身が抱えている現在の状況も、皆様と程度の差こそあれ、やはり長い長い道のりになりそうです)

そんな時は、その日その日を一つの区切りと割り切って、一日の終わりに訪れるまどろみに身を委ねてしまうのがいい・・・そう感じながら、拝見させていただきました。

葉論ちゃんやご家族の皆様、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだ沢山のことが残っている状況ではないかとお察しします。
でも、できることなら、無理し過ぎないでくださいね。
非常に僭越なことだとは承知していますが、それでも、お互い、その日その日で過ごしていけたら・・と思います

それでは、また話しましょうね^^

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-05-03 22:31:09

sho様、こんばんは。

読んでいただけて、とても嬉しいです。
白状しますと、あの腕時計は演出的なもので電池さえ交換すれば多分まだ動くと思います。^^;
なかなかピッタリ来る写真・画像が見つからず、自分で携帯で撮ってみました。
事実は過去になるにつれ、セピア色に静謐になっていくのは仕方がないですが、なにか痕跡は残しておきたい、という私の執念も震災のエッセイを書かせた原動力だったかも知れません。
詩の方はだいぶ前のものですが、時間は流れても、その時の「想い」「風景」は確かにそこに在ったのだと思うと何か不思議な気がします。

素敵な感想をくださって、ありがとうございました。

(クッキー機能で別な場所で使った私のIDが入ってしまったので、もう一度コピペして入力しました。すみません!)

  • 投稿者:) sho

  • 投稿日時:2011-04-22 11:55:44

こんにちわ/ [午後2時46分]で停まった腕時計と、
[小高い丘のベンチ]の[挿絵]がひどく静謐に感じます。
時の過ぎ行くままに、[いつかの風景]も、癒しに膨らむよう、
詩人の心のままに、夜空の星々も、輝きを失わぬよう、
吹き抜けるそよ風が、詩人の清き魂を未来へ誘うよう、
こころから祈っております。素敵なポエムをありがとう'_')/

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-02-19 00:27:48

ビリーバーさん、こんばんは。
いつも読んでくださって嬉しいです。ありがとうございます。^^

確かこの詩は、友人とワイワイ楽しい時間を過ごし、楽しい時間はアッという間でまた現実に戻らなきゃならない時に(仕事やら、家事やらに…)、気持ちを切り替えるために作ったものだった気がします。
(正直いうと、あーあ、もう終わっちゃうんだあ~という寂しい気持ちの方が強かった気がします…)

ビリーバーさんの感想を読ませていただいて、ビートルズの「イン・マイ・ライフ」を思い出しました。
人生には一期一会がたくさんあって、そのどれもが大切で、今はもう形は見えなくなっても、ずっと心に在るんですよね。
切ないけれど、思い出があればきっと生きていける、切なさも人生の素晴らしいエッセンス。そう思います。そんな強い人になりたいと、改めて思いました。^^
素敵な感想を、ありがとうございました♪

  • 投稿者:ビリーバー

  • 投稿日時:2011-02-18 19:58:14

葉論ちゃん、こんばんわ。

「風の中で」を拝見して。

たとえ、それがほんの少しの間であったとしても、留まった場所の空気に一時でも染まってしまうと、そこから離れる時はとても切ない・・・そんな印象を受けました。
それは、時に、短期間の仕事だったり、束の間過ごした土地であったり、人生の中ですれ違ってきた多くの人達の影であったり・・・
私はこちらの作品を拝見して、一期一会を思い浮かべました。
非常に切ないながらも、前を向いていこうとする彼女の気持ちも伝わってくる、とっても素敵な作品でした。

ありがとうございました。

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-02-06 21:15:19

きゃー、ビリーバーさん、謝らなくても大丈夫なんです。
あの頃の傷は今はもうとっくに癒えていて、話しても全く問題ないのです。
私の方こそ説明不足でごめんなさい。m(__)m

破局の彼との「突然の出っくわし」は当時ショックだったとは思うのですが、その時の自分の気持ちや起こってしまったことを「受け入れなくては」と思ったのかも知れません。…実は、当時の正確な気持ちをあまりはっきり覚えていないんです。ぼやけてしまったということは、もう傷ではなくなっているのですね。「そんなことも、あったなぁ」と思うくらいです。

自分ではもう会わないつもりの人とバッタリ会ってしまったり、…生きていると「どうして、この時期に、このタイミングで?」と思うことが多いですね。

でも、おっしゃる通り良いサプライズも沢山ありますよね。こうしてビリーバーさんとお話させていただけるのも、素敵なサプライズです。^^
これからも宜しくお願いしますね!♪

  • 投稿者:ビリーバー

  • 投稿日時:2011-02-06 20:39:20

ごめんなさい、葉論ちゃんにとって辛いことを思い出させてしまったようで・・・
気がきかなかったですね。

人生は、思うにまかせないことも沢山ありますよね。
でも、思わぬサプライズだってきっとあると、私は思います。
葉論ちゃんと出会えたこと・・・私にとって、すごく素敵なサプライズです^^

それでは、またね!

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-02-06 15:13:51

ビリーバーさん、こんにちは。
読んでくださってありがとうございます♪

分かりにくいですよね、すみません…(^^;)、
もうだいぶ前ですが、ちょっと辛い恋をしていた時期があり、けっきょく彼とは破局しました。
その心の傷がやっと癒えてきたある日、彼と道でばったり会ってしまったのです。(二度と会いたくなかったのですが…)

人生には、思うにまかせないことが、ままあるものですね。^^;
丁寧に深く読んでくださって嬉しいです。
いつも温かいコメントをありがとうございます。

  • 投稿者:ビリーバー

  • 投稿日時:2011-02-06 01:14:52

葉論さん、こんばんわ。

「不意打ち」を拝見して。

私的には、なかなか解釈が難しい作品のように感じました。
”貴方”に再会してしまった・・・果たしてこのことは、”私”にどのような影響を与えたのか? ・・・思い出したくない過去を蒸し返されるような、辛さや切なさなのか? あるいは、開き直りにも似た、これからに向けての淡い期待感も込められているのだろうか? 

是非、葉論ちゃんのコメントが聞きたいです!
お時間のある時に、よろしくお願いします。
それでは、また^^

  • 投稿者:麻里葉論

  • 投稿日時:2011-01-12 13:56:12

ビリーバーさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます♪

「生きること全てが再生」
とても良い言葉ですね!
いっけんトラブルと思えるような体験でも、それは必ず後にプラスになっていくと今は思えます。おっしゃるように、その時は全くそんな風に思えないこともありますよね。(^^;)ゞ
再生という言葉、好きなんです。

よく、「こんど生まれ変わったら何々がしたい」という話も聞きますが、今からでも何かに成れる可能性はあるのだと思います。私なんかは、そんな意味でいつでも夢見る夢子です。(笑)

  • 投稿者:ビリーバー

  • 投稿日時:2011-01-12 11:58:01

葉論さん、こんにちは。

「再生」を拝見して。
・・・あると思います・・・というか、葉論さんの中で(私の中でも)、体の細胞が日々再生を繰り返しているように、心の再生も日々行われているのだと思います。
それは、時には再生と呼べないもののように見えることもあるでしょう・・・でも、きっとそれも、次に繋がる再生なのだと思います・・・生きること全てが、再生と呼べるのではないでしょうか。

何か、とても堅い話になっちゃいましたね。
新年の新たな門出に当たり、少し力んじゃいました^^
それでは、また!